栃木の経営者が手掛ける、起業家教育プログラム誕生のきっかけを探る

By -  公開:  更新:

8月21日(日)、HANSUKE(半沢龍之介)が編集長、ニッポン放送・前島花音アナウンサーが副編集長を務めるラジオ番組「ラジオマガジン・登龍門」(ニッポン放送・毎週日曜20時30分~21時)が放送。先週に引き続き、今週も株式会社アオキシンテックCEOの青木圭太がゲストとして出演した。

HANSUKE・青木圭太・前島花音

毎週様々な分野で活躍するゲストを迎えてトークする同番組。今回は、話題のチェーンレス電動アシスト自転車HONBIKEにも携わるアオキシンテックCEOの青木圭太に「青木圭太が手掛ける起業家教育プログラムとは?」というテーマを聴いた。

半沢:青木さんは新しい経営者を育てるプログラムをやっているんですよね。

青木:「とちぎアントレプレナー・コンテスト」を主催しています。栃木県内の小中高生・専門大学生を含むすべての学生に対して「社長になりませんか?」ということで、会社のビジネスプランを応募して優勝したら社長にするというものです。

前島:すごい試みですよね!

半沢:小学生も応募してくるんですね。

青木:最初は高校生が多かったんですけど、ある年から中学生の応募が増えて。恐らく、「お兄ちゃん・お姉ちゃんが応募しているからやってみたい!」ということのようで、それが面白かったので応募の枠を小学生まで広げてみました。

半沢:大人にはないユニークなアイデアがたくさんあったと思いますが、いかがでしたか?

青木:2012年に優勝した学生はありそうでなかったアイデアでした。海外出張をしているお父さんに缶詰で家庭の味を届けたいというもの。高校生らしい発想だなと思いました。我々が発想できない視点が大切で。既存の事業だとしても目線が違う点を感じました。それが面白いですよね。最近だとSDGsが流行っているので社会課題を解決するようなもので、竹の竹害で困っていて。実は竹には乳酸菌が豊富に含まれていてダイエット効果が高い。そこでペットフードにして我が家の肥満のペットをなんとかしてあげたいというものでした。そこにビジネスチャンスがあるなと感じています。

半沢:商品もそうです。僕らもHONBIKEをスタートさせたきっかけは、原型となる自転車に乗った時、感動をしたので事業にしようと思いました。自分がやりたくないとか好きでもないことは心を鬼にしてもやり通せないですよね。だから自分が好きでアイデアを出して実現をできたら自分にも利益があるというのはビジネスの発想として重要な要素ですよね。

前島:このようなコンテストを始めたきっかけはなんでしたか?

青木:中国の技能実習生の面接をする機会があったんです。四川省の高等専門学校で優秀な学生が集まっている場所でした。面接で将来の夢を聞いた時「自分がこういう夢があって、将来は社長になりたいんです」と10数人が全員話していて衝撃を受けたんですね。当時は「中国ってすごいな。このままだと日本はどんどん差が開く一方だな」と思って帰国。日本で採用面接をすると学生が言うのは「御社の企業理念が…」と当たり一辺倒のフレーズばかり。そこに違和感を感じまして。子どもたちのやる気がないわけではなくて我々が環境を与えることができたら社長になりたい子供たちが増えるんだろうなと思って、コンテストを企画しました。

半沢:そのようなビジネスコンテストを手掛ける青木さんの人生の登龍門は?

青木:リーマン・ショックで急激に仕事がなくなったんです。先代の教えとしては「いいものを安く作っていればお客さんはついてくる」という考えでしたが周りを見渡したら、うちより技術力がなくて値段も高い会社に仕事が流れていました。その時、気がついたのは他の会社はお客さんとの人間関係がうちよりもできていた。仕事はお金だけではなくて気持ちでやるものなんだと知りました。そこから自分が営業職に転身して、お客さんの心に寄り添うようになりました。それが私のターニングポイントですね。

他には、若い起業家からアドバイスを求められた時のエピソードなどを語った。

番組情報

ラジオマガジン・登龍門

毎週日曜日 20:30-21:00

番組HP

海外発ゲームアプリの日本でのローンチのほか、電動アシスト自転車「HONBIKE」の開発、モバイルインターネットによる新ビジネスの構築から、アーティストのプロデュースまで、ひとつの企業代表にとどまらない活躍をしているClick Holdings株式会社・代表取締役社長 半沢龍之介が「編集長」となり、ラジオ番組全体を雑誌に見立て、番組を展開する。「副編集長」は、ニッポン放送アナウンサー・前島花音が担当します。
これから社会人になる若者から、日々の仕事に悩むビジネスマンまで、『聴くとタメになる』成功体験談や、日々の生活の中で抱える問題解決のヒントとなるようなエピソードを語るラジオ番組です。

Page top