横浜駅

「横浜駅」に関する記事一覧ページです。

横浜駅「おべんとう秋」(730円)~いまこそ駅弁で秋を感じて、鉄道旅!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 グリーンストライプの「踊り子」号が入って来ると、思わず海を見に出かけたくなりますね。 湘南、西湘、伊豆と下って行くにつれ、思わず窓を開けて、潮風を浴びながら磯の香りを感じてみたくなったりする…

横浜駅「ハロウィン限定 黒炒飯弁当」(930円)~今年のハロウィンは、“かぼちゃ電車”の思い出と共に限定駅弁!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 オレンジと緑の“湘南色”の帯を巻いたE231系電車の快速「アクティー」が、横浜郊外の東海道本線を下って行きます。 日中は東京経由の列車が概ね10分間隔、これに新宿経由の普通・快速・特別快速が…

横浜駅「黒豚シウマイ弁当」(980円)~期間限定! スペシャルな「シウマイ弁当」リレー企画!!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 2020年春から東京・池袋~伊豆急下田間で活躍しているE257系電車の「踊り子」号。 9両編成のうち、4号車がグリーン車指定席、1~3・5~7号車が普通車指定席、8・9号車は目下、普通車自由…

横浜駅「気分をアゲる4つの味の唐揚げ弁当」(980円)~テンション上がる! 横浜の鉄道ニュースポット

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 明治5(1872)年、新橋~横浜間で開業した日本初の鉄道。 この開業当初の横浜駅は、いまの桜木町駅に当たります。 したがっていま、「根岸線」となっている横浜~桜木町間は、日本初の鉄道の一部。…

横浜駅「私にご褒美4種のシウマイ膳」(980円)~「自分で自分を褒めたい」アナタを、駅弁が後押し!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 横須賀線から東海道本線を経由して、総武本線に直通しているE217系電車。 夜8時過ぎの横浜駅10番線ホームで、上り列車を待っていると、ときどきやって来るのが、「佐倉(さくら)」行の列車です。…

横浜駅「夏のかながわ味わい弁当」(960円)~この夏も、神奈川の風景を思い浮かべて駅弁!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 令和2(2020)年、神奈川県の新しい鉄道風景の1つに数えられるのは、東海道本線の湘南・伊豆特急にE261系電車の「サフィール踊り子」がデビューしたこと。 30年にわたって活躍してきた251…

横浜駅「ハロウィン限定 黒炒飯弁当」(930円)~今年もハロウィン限定駅弁登場!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 川崎市民の足・JR南武線。 東海道本線の川崎駅から多摩川に沿って北上、川崎市の川崎区・幸区・中原区・高津区・多摩区と駆け抜けて東京都に入り、中央本線・立川駅までの35㎞あまりの路線です。 途…

横浜駅「メガ炒飯弁当」(1350円)~15両の長大編成とラガーマン同様の倫理感が支える首都圏の通勤列車

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 東京近郊のJR線で列車を待っていると、ときどき、「今度の列車は“短い”10両編成でまいります」という駅員さんのアナウンスが入ります。 特に東海道本線・東北本線・高崎線・常磐線の列車(上野東京…

横浜駅「メガシウマイ弁当」(1250円)~3社がスクラムを組んで、横浜とラグビーの未来を駅弁で応援!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 東海道本線(京浜東北線)の東神奈川と、中央本線の八王子を結ぶ「横浜線」。 東海道新幹線・横浜市営地下鉄ブルーラインと接続する新横浜の1つ隣・小机駅は、横浜国際総合競技場の最寄り駅として、各種…

横浜駅「横濱中華弁当」(1080円)~中華弁当が彩り豊かにリニューアル!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 東海道本線を走る、首都圏最後の国鉄形特急・185系電車の「踊り子」号。 昭和56(1981)年10月1日、特急「あまぎ」と急行「伊豆」が統合され誕生してから38年、いまは見た目こそ、登場時の…

横浜駅「秋のかながわ味わい弁当」(960円)~湘南新宿ライン大増発から15年!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 首都圏を南北につなぐ、東海道本線と東北本線(宇都宮線)・高崎線との直通列車。 東京経由の直通サービスは「上野東京ライン」、新宿経由の直通サービスは「湘南新宿ライン」の愛称で案内されています。…

横浜駅「初夏のかながわ味わい弁当」(960円)~神奈川の新緑を眺めて鉄道旅!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 新緑がまぶしい初夏の鎌倉。 遠足・修学旅行シーズンを迎え、鎌倉は平日でも子供・生徒たちの声が響き渡ります。 私も初めて鎌倉を訪れたのは、この時期に行われた小学校の修学旅行でしたが、あまりに駆…

横浜駅「新元号記念 令和 お赤飯シウマイ弁当」(960円)~新時代・令和を駅弁でお祝い!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 令和が始まって2週間、今年(2019年)、開港160周年の「横浜」にも鉄道の新時代が到来。 11月30日からJR線と相模鉄道(相鉄線)との「相互直通運転」が始まります。 相鉄・西谷駅から羽沢…

横浜駅「春のかながわ味わい弁当」(960円)~春の美しき神奈川の旅

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 桜のなかを行く特急「踊り子」号。 グリーンストライプの185系電車は、昭和56(1981)年にデビューしました。 「踊り子」号には、先日のダイヤ改正で中央本線の「あずさ・かいじ」号から退いた…

横浜駅「おべんとう春」(730円)~春本番へ気分をアゲてくれる季節駅弁&駅弁グッズ!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 旅気分が盛り上がる3つの景色、「海・山・川」。 特に普段、都心であまり海を見る機会がなく暮らしている方にとっては、海が見えた瞬間、きっと心癒されることでしょう。 特急「スーパービュー踊り子」…

横浜駅「ハマの朝ごはん弁当」(640円)~朝だから逢える列車、朝だから逢える駅弁!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 “早起きは三文の徳”と言いますが、寒くてもエイッと、いつもより早くふとんを飛び出して駅へ行ってみると、普段は見られない列車に出逢うことがあります。 例えば、東海道本線唯一の定期夜行列車、寝台…

横浜駅「彩りちらし弁当」(980円)~春の彩りを感じて湘南・伊豆へ!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 立春、暦の上では「春」となります。 とは言え、都心部ではまだまだ寒さは続きますが、少し足を伸ばした湘南・伊豆方面は、少し早めに「春」の兆しが感じられるエリア。 大きなモーターの音と共にグリー…

横浜駅「ハロウィン限定 黒炒飯弁当」(930円)~今年もバージョンアップ! 崎陽軒のハロウィン駅弁!!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 東京都と横浜市に挟まれ、人口150万人あまりを擁する細長い形の街・川崎市。 この川崎市を束ねながら、東京の多摩地域を結ぶのがJR南武線です。 途中、武蔵小杉、武蔵溝ノ口、登戸、稲田堤などで、…

横浜駅「JR横浜線開業110周年×崎陽軒創業110周年記念弁当」(1,100円)~ニッポンのシルクロード・横浜線110周年!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 京浜東北線(東海道本線)の東神奈川と、中央本線の八王子を結ぶ「JR横浜線」。 今年(2018年)9月23日で、開業110周年の節目を迎えました。 当日は、東神奈川駅でセレモニーが、小机駅では…

横浜駅「秋のかながわ味わい弁当」(960円)~海見て、山見て、街を見て、バラエティ豊かな神奈川の鉄道旅!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 東京のお隣・神奈川には、様々な鉄道風景があります。 東海道新幹線の小田原~熱海間は、新幹線では貴重な海が見える区間。 特に小田原・熱海停車のひかりやこだまなら、意外にしっかりと海が見えます。…

横浜駅「えびシウマイ弁当」(920円)~期間限定!ピンクのシウマイ弁当

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 185系電車の特急「踊り子」号が、モーターを唸らせて、残暑の東海道を下っていきます。 在来線特急では最も長い15両編成の「踊り子」号。 多くは前10両が伊豆急下田発着、後5両が修善寺発着で運…

横浜駅「京急創立120周年×崎陽軒創業110周年・シウマイ誕生90周年 けいきゅん・ひょうちゃん弁当」(1,500円)~ちゃんとキュンとする!京急と崎陽軒のメモリアル駅弁!!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 横浜駅周辺のデパート群をスルーして終着・品川を目指す赤い電車は、京急電鉄・朝の座席指定制列車「モーニング・ウィング1号」。 三浦海岸6:09発で横須賀中央、金沢文庫、上大岡に停まり、品川には…

横浜駅「横濱中華弁当」(1,080円)~駅弁屋さんの「工場」ですよ!(崎陽軒編⑤)

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 新横浜駅に入ってくる東海道新幹線N700系。 現在は「のぞみ」「ひかり」「こだま」全ての新幹線が新横浜に停まります。 下りでは早朝6:00に新横浜始発の「ひかり493号」も設定され、後続の「…

横浜駅「しょうが焼弁当」(750円)~駅弁屋さんの「工場」ですよ!(崎陽軒編④)

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 東京と神奈川を結ぶJR東海道線と横須賀線。 共にグリーン車を2両連結した15両編成の列車が高い頻度で運行されています。 昭和55(1980)年まで、東海道線と横須賀線は東京駅から同じ線路を走…

横浜駅「横濱チャーハン」(630円)~駅弁屋さんの「工場」ですよ!(崎陽軒編③)

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 今週はベイスターズ・19年ぶりの日本シリーズ進出記念、駅弁膝栗毛も横浜特集です。 横浜スタジアムの最寄駅、根岸線・関内駅の主役は、スカイブルーの帯を巻いたE233系電車。 発車メロディはもち…

横浜駅「シウマイ弁当」(830円)~駅弁屋さんの工場ですよ!(崎陽軒編②)

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 ライター望月が全国の駅弁屋さんの厨房にお邪魔する「駅弁屋さんの厨房ですよ!」シリーズ。 これまで伊東、小淵沢、水戸、出水、長岡、米沢の各駅弁屋さんの厨房に潜入してまいりましたが、今週は“厨房…

横浜駅「昔ながらのシウマイ(15個入)」(620円)~駅弁屋さんの「工場」ですよ!(崎陽軒編①)

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 思い切りモーターの音を唸らせ、横浜市内の東海道線を下っていく185系・特急「踊り子」号。 東京駅に乗り入れる最後の国鉄形車両にして、昔ながらの窓が開く車両でもあります。 窓が開く車両には、や…

6月2日は横浜の「開港記念日」!~横浜駅「シウマイ弁当(開港祭バージョン)」(800円) 【ライター望月の駅弁膝栗毛】

JR横浜駅に入ってきたのは、東海道線の主力・E233系電車。 「6月2日」は横浜の「開港記念日」! もしかしたら横浜市内の小・中学校は「お休み」の所も多いかもしれません。 安政6(1859)年6月2日、太陽暦では1859…

Page top