氷見線

「氷見線」に関する記事一覧ページです。

富山駅「源の夏めし 越中とやま弁當」(1250円)~富山の味覚を詰め込んだ夏限定駅弁!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 雨晴海岸を走るJR氷見線の普通列車。 立山連峰をバックに、“タラコ色”のディーゼルカーがゆっくりと走り抜けて行きます。 国鉄時代にタイムスリップしたかのような、懐かしい富山ならではの鉄道風景…

富山駅「ぶりかまめし 吹雪」(1200円)~平成を代表する冬季限定駅弁!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】   富山の観光列車・快速「ベル・モンターニュ・エ・メール」、通称「べるもんた」。 「べるもんた」仕様に改造されたキハ40形気動車が、週末を中心に、高岡を起点とするJR城端線・氷見線…

富山駅「ぶりかまめし」(1100円)~冬の旬・ぶりの「かま」を料亭由来の味で!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 立山連峰をバックに、富山湾に沿って雨晴海岸を走るJR氷見線。 氷見線は、あいの風とやま鉄道の高岡と氷見の間・16.5kmを結ぶローカル線です。 普段はタラコ色のキハ47形気動車が活躍していま…

富山駅「ますのすし 小丸」(900円)~駅弁屋さんの厨房ですよ!(vol.11「源」編(5))

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 富山県魚津市の扇状地をトンネルと高架橋で貫く、北陸新幹線・W7系「はくたか」号。 「魚津」という地名は、魚がよく獲れる場所(港)から生まれたといわれます。 回りを海に囲まれた島国にとって、魚…

Page top