群馬県

「群馬県」に関する記事一覧ページです。

高崎駅「上州地鶏肉盛り弁当」(950円)~鉄道とゆかりある群馬の一軒宿「法師温泉」!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 上越新幹線・上毛高原駅に、朱鷺色のラインを巻いたE7系「とき」が入ってきました。 上毛高原は新幹線単独駅ということもあって、駅前からは、沼田・尾瀬方面や水上温泉郷・谷川岳方面、猿ヶ京方面へ「…

高崎駅「上州地鶏おもてなし弁当」(1300円)~群馬デスティネーションキャンペーンと共に新作駅弁登場!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 上野から高崎線・上越線経由で、吾妻線の長野原草津口を目指す特急「草津」号。 元「スーパーひたち」の651系電車が、東京と群馬の温泉地を乗り換えなしで結びます。 「草津」号が停まる渋川からは伊…

高崎駅「夏の贅沢弁当」(1000円)~夏の終わりに元気が出る駅弁とSL旅!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 夏の終わり、秋の気配、センチメンタルな気分…、懐かしい汽笛の音が恋しくなります。 客車列車ならではのカタンコトンというジョイントの音と揺れに身を委ねて癒されるもよし、沿線から蒸気機関車の走り…

高崎駅「おにぎり弁当」(480円)~高崎弁当の歴史を伝えるシンプルな駅弁!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 谷川連峰を大清水トンネルで越えて来た、上越新幹線「とき」号。 この春から上越新幹線にも、E7系新幹線電車が登場しました。 上越新幹線のE7系には、期間限定で朱鷺色のラインが施された編成もあり…

高崎駅「大人の休日 群馬の風味」(1,350円)~211系電車と共に…群馬の「風景」

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 群馬県内を走るJR線の主力・211系電車。 1年前の春、長年にわたって活躍した「115系電車」を置き換えました。 211系電車自体は、これまで25年あまりにわたって上野~高崎・宇都宮間などで…

高崎駅「あったかチャーシュー弁当」(1,250円)~加熱式駅弁でチャーシューの魅力アップ!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 上野~長野原草津口間を走る、特急「草津」号の651系電車。 30年前の平成元(1989)年、常磐線の特急「スーパーひたち」としてデビューしました。 平成26(2014)年から、日中は吾妻線直…

高崎駅「冬のじんわりあったか弁当」(1,000円)~上州の温泉特急「草津」&高崎の温まる駅弁!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 赤城の山並みをバックに、日本を代表する温泉地の1つ・草津の玄関、長野原草津口を目指すのは、651系電車の特急「草津」号。 上野を出ると赤羽、浦和、大宮、熊谷、高崎、新前橋、渋川、中之条の順に…

高崎駅「岩魚鮨」(1,000円)~夏の疲れを癒しにぐんまの温泉・特急「草津」の旅

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 夏の疲れもそろそろ出てくる頃。 疲れを癒しに群馬の温泉へ・・・という方もいるはずです。 上野~長野原草津口間で運行されている特急「草津」は、草津温泉をはじめ、伊香保温泉、四万温泉など、吾妻線…

高崎駅「特製幕の内弁当」(900円)~群馬を盛り上げる485系・観光列車「リゾートやまどり」

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 群馬エリアの鉄道旅を盛り上げる観光列車として知られる快速「リゾートやまどり」。 元・特急の485系電車を改造して生まれた車両で、通常は大宮~長野原草津口間を中心に運行されており、大きな窓とゆ…

高崎駅「夏のお弁当」(1,100円)~名物・味噌パンを求めて沼田へ

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 高崎・新前橋から先へ向かう上越線・吾妻線・両毛線・信越本線のローカル列車では、長年、オレンジと緑の「115系電車」が活躍してきました。 しかし老朽化のため、今年春で惜しまれながら引退し、現在…

高崎駅「SLロクイチ物語弁当」(1,000円)~ロクイチも頑張る! 10月から「SLぐんまみなかみ・SLぐんまよこかわ」へ

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 稲穂が実り始め、案山子が建てられた初秋の田んぼの脇を駆け抜けるのは、平成23(2011)年に復活したC61形蒸気機関車20号機が先頭に立つ、快速「SLみなかみ」号。 平成30年でありながら、…

高崎駅「上州D51弁当」(1,000円)~乗ってたのしい、撮ってたのしい、復活30周年!上越線のデゴイチ

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 東日本エリアにおけるSL復活運転の拠点となっている群馬県。 週末を中心に高崎~水上間で運行されている「SLみなかみ」号は、その看板列車です。 先頭に立つ「D51形蒸気機関車498号機」は、昭…

高崎駅「上州冬の味わい弁当」(1,200円)~雪に強い!上越新幹線

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 首都圏ではどうしても、チョットの雪でも鉄道網はタイヘンなことになってしまいます。 その中にあって、一番涼しいカオで走っていたのが「上越新幹線」。 在来線各線が遅れや混雑に見舞われる中、大きな…

神戸駅「夢鉄道トロッコ弁当」(930円)~わたらせ渓谷鐵道「トロッコわたらせ渓谷3号」の旅

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 今や鉄道の主流は、電車かディーゼルカー。 機関車が客車を引っ張る「客車列車」という存在は、貴重なものになりつつあります。 その中にあって、第3セクターの「わたらせ渓谷鐵道」には、毎年春~秋の…

神戸駅「やまと豚弁当」(1,030円)~わたらせ渓谷鐵道の立売り駅弁!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 両毛線・桐生駅で接続するローカル線「わたらせ渓谷鐵道」。 桐生~間藤(まとう)間、44kmあまりを結ぶ第三セクターの鉄道です。 元々は足尾鉄道として開業、後に国有化されて、足尾銅山の貨物輸送…

高崎駅「川魚鮨」(1,000円)~湯檜曽ループ、下から見るか?上から見るか? 【ライター望月の駅弁膝栗毛】

新潟の新しい主役・E129系電車は”国境の長いトンネル”を抜けて群馬・水上までやってきます。 水上の北側は湯檜曽(ゆびそ)・土合(どあい)の2駅が群馬県で、土樽(つちたる)から新潟県。 小説「雪國」の追体験には上越線の普…

高崎駅「上州牛肉弁当」(1,200円)~群馬の気になる県境ベスト3! 【ライター望月の駅弁膝栗毛】

上越線・沼田駅に入ってきた普通列車高崎行。 東京ではあまり見られない車両ですが、これはJR東日本の107系という電車です。 昭和の末期から平成のはじめにかけて、JR東日本初の自社製造車両として登場。 主に北関東のローカル…

高崎駅「上州の朝がゆ」(450円)~高崎の朝限定・幻の駅弁! 【ライター望月の駅弁膝栗毛】

高崎駅に上越新幹線のE2系「とき」が入ってきました。 上越新幹線は昭和57(1982)年の開業ですから、来年で開業35年。 髙崎~東京間は、各駅停車の新幹線でもおよそ1時間。 早朝などは始発列車もあり、髙崎は「新幹線通勤…

高崎駅「だるま弁当」(1,000円)~真田パパが作った?!日本初の温泉リゾート・伊香保 【ライター望月の駅弁膝栗毛】

東京・上野から東北線、高崎線、上越線を経由して、吾妻線の長野原草津口を結ぶ特急「草津」。 1日2往復の定期列車のほか、週末には臨時列車も運行され、一部は万座・鹿沢口まで乗り入れます。 「草津」は昭和30年代から準急列車と…

高崎駅「鶏めし弁当」(900円)~「時代」が動いた町・沼田 【ライター望月の駅弁膝栗毛】

群馬県の上越線・沼田駅にやってきました。 群馬エリアでは、長年活躍してきた湘南色の115系電車が最後のご奉公。 東京周辺では、このタイプの車両を見なくなって久しくなりましたよね。 ただ、高崎周辺でもこの夏からステンレス製…

Page top