神奈川県

「神奈川県」に関する記事一覧ページです。

横浜駅「おべんとう秋」(730円)~いまこそ駅弁で秋を感じて、鉄道旅!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 グリーンストライプの「踊り子」号が入って来ると、思わず海を見に出かけたくなりますね。 湘南、西湘、伊豆と下って行くにつれ、思わず窓を開けて、潮風を浴びながら磯の香りを感じてみたくなったりする…

横浜駅「ハロウィン限定 黒炒飯弁当」(930円)~今年のハロウィンは、“かぼちゃ電車”の思い出と共に限定駅弁!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 オレンジと緑の“湘南色”の帯を巻いたE231系電車の快速「アクティー」が、横浜郊外の東海道本線を下って行きます。 日中は東京経由の列車が概ね10分間隔、これに新宿経由の普通・快速・特別快速が…

横浜駅「黒豚シウマイ弁当」(980円)~期間限定! スペシャルな「シウマイ弁当」リレー企画!!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 2020年春から東京・池袋~伊豆急下田間で活躍しているE257系電車の「踊り子」号。 9両編成のうち、4号車がグリーン車指定席、1~3・5~7号車が普通車指定席、8・9号車は目下、普通車自由…

小田原駅「旬彩八角弁当 紅葉狩り」(1180円)~秋の行楽シーズン、工夫して鉄道旅!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 10月に入って、鉄道の旅が恋しくなってきたころではないでしょうか。 コロナ禍でいままでのようにはいきませんが、収束までは一定のルールで楽しみたいもの。 鉄道旅はこんな感じで楽しむのがいいかな…

小田原駅「旬彩八角弁当 旅のはじまり」(1080円)~いよいよ40年目へ! 特急「踊り子」

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 昭和56(1981)年10月1日のダイヤ改正で、特急「あまぎ」と急行「伊豆」を統合、東京~伊豆急下田・修善寺間の特急として運行を開始した特急「踊り子」。 当時、鳥の名前や自然、旧国名などから…

小田原駅「しらすお楽しみ弁当」(880円)~釜揚げしらす・山椒じゃこ・いりこ菜めし、3つの“お楽しみ”を1つの折で!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 昭和39(1964)年に開業したニッポンの新幹線は、10月1日で57年目に入ります。 56年にわたるこの間、脱線等によって乗客が亡くなる列車事故はゼロ。 技術もブラッシュアップされ、2020…

小田原駅「釜飯 金目まつり」(1200円)~キンメ駅弁でテンション上げて、伊豆への旅!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 東京から伊豆方面を目指すとき、定番は乗り換えなしの「踊り子」号。 でも、平日早朝や午後遅めの出発ですと、東海道新幹線で熱海まで行って、伊東線~伊豆急行線直通の普通列車に乗り換えということもよ…

箱根湯本駅「贅・箱根よくばり弁当」(1030円)~箱根ゴールデンコース60年! 夏の疲れは箱根で癒したい!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 東京・新宿から箱根へのアクセスの定番、特急ロマンスカー! 小田急ロマンスカーといえば、流線形の先頭車両にある、展望席が自慢です。 現在は最新の70000形電車(GSE)と50000形電車(V…

箱根湯本駅「はこねいなり」(670円)~まもなく半世紀! 箱根湯本のロングセラー

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 箱根湯本駅を発車すると、さっそく急勾配に挑む箱根登山電車。 なかでもモハ1形は、大正8(1919)年の箱根登山鉄道開業当初からのチキ1形を改造。モハ2形は、昭和2(1927)年誕生の木造車・…

箱根湯本駅「箱根登山電車 箱根湯本駅↔強羅駅間『再会』記念弁当」(1300円)~箱根に登山電車が帰ってきた!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 今年(2020年)7月23日、箱根登山鉄道の箱根湯本~強羅間が運転を再開しました。 いわゆる“登山電車”が活躍するこの区間は、令和元(2019)年10月の台風19号で大きな被害を受けましたが…

小田原駅「こゆるぎ海苔べん」(880円)~2020年・夏の終わり、一度は海を眺めたい!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 今年(2020年)春から運転を開始した、東京~伊豆急下田間の特急「サフィール踊り子」号。 東海道本線は、国府津(こうづ)から熱海にかけて、車窓に海が広がります。 特に早川~根府川間は、何度乗…

横浜駅「気分をアゲる4つの味の唐揚げ弁当」(980円)~テンション上がる! 横浜の鉄道ニュースポット

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 明治5(1872)年、新橋~横浜間で開業した日本初の鉄道。 この開業当初の横浜駅は、いまの桜木町駅に当たります。 したがっていま、「根岸線」となっている横浜~桜木町間は、日本初の鉄道の一部。…

横浜駅「私にご褒美4種のシウマイ膳」(980円)~「自分で自分を褒めたい」アナタを、駅弁が後押し!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 横須賀線から東海道本線を経由して、総武本線に直通しているE217系電車。 夜8時過ぎの横浜駅10番線ホームで、上り列車を待っていると、ときどきやって来るのが、「佐倉(さくら)」行の列車です。…

横浜駅「夏のかながわ味わい弁当」(960円)~この夏も、神奈川の風景を思い浮かべて駅弁!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 令和2(2020)年、神奈川県の新しい鉄道風景の1つに数えられるのは、東海道本線の湘南・伊豆特急にE261系電車の「サフィール踊り子」がデビューしたこと。 30年にわたって活躍してきた251…

新横浜駅「N700Sデビュー記念弁当」(1300円)~JR東海と崎陽軒のコラボ限定駅弁!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 7月1日にデビューした東海道新幹線の新型車両「N700S」。 まもなく営業運転開始から1ヵ月、東京~新大阪間で運行される「のぞみ」号を中心に、「ひかり」や「こだま」でも運用される日もあります…

小田原駅「うなぎ、金目鯛と銀鮭のあいのせ御膳」(1100円)~移動の自由を噛みしめて、近場から少しずつ“旅気分のリハビリ”を!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 「移動の自由があるって、素晴らしいことだな」と痛感した2ヵ月あまり。 日本国憲法第22条で、公共の福祉に反しない限り“移動の自由”は保障されていますが、1人でも多くの方の命を感染症から守るた…

小田原駅「金目鯛西京焼弁当」(950円)~待ち遠しい都道府県越え!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 長かった自粛生活から、そろそろ都道府県越え制限もハードルが低くなりそう。 まずは、隣接する都道府県から少しずつ…という方も多いと思います。 東京から伊豆方面への特急「踊り子」も減便が続いてい…

大船駅「鎌倉散策弁当 紅葉ごよみ」(1100円)~駅弁でひと足早く鎌倉の紅葉気分!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 秋の行楽シーズン、首都圏各地から、“いざ鎌倉!”という方も多いことでしょう。 週末の10時前、武蔵野線・南越谷発着で運行されている全車指定席の快適な快速列車、「ホリデー快速鎌倉」号が北鎌倉に…

大船駅「炙りチャーシュー弁当」(1100円)~冷めても香ばしい駅弁のチャーシュー!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 北鎌倉の駅を出て、円覚寺を横目に、鎌倉・逗子方面を目指す横須賀線の電車。 円覚寺は弘安5(1282)年、元寇の戦死者を慰霊するために開かれた鎌倉五山の第二位、臨済宗円覚寺派大本山のお寺で、舎…

大船駅「神奈川牛肉弁当」(1100円)~オイスターソースが旨味を引き出す、神奈川ブランド「やまゆり牛」の駅弁

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 神奈川県内を走り抜けて伊豆を目指す、特急「踊り子」号。 特に週末は在来線特急最長の15両の185系電車に、今宵の温泉宿に期待を膨らませた多くの人を乗せて、東海道を下って行きます。 夕飯には伊…

大船駅「大船軒サンドウヰッチ(復刻掛け紙)」(530円)~大船軒のレトロ社屋に隠された「家紋」の秘密

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 特急「踊り子」号は、大船駅を出ると大きく右に弧を描きながら、東海道本線を下ります。 国鉄の特急エンブレムを掲げた185系電車は、昭和56(1981)年のデビュー。 現在、東海道本線を走る旅客…

大船駅「伝承鯵の押寿し3貫+鯵の押寿し3貫(復刻掛け紙)」(780円)~今年も開催! アジに感謝する大船軒の「鯵祭」!!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 横須賀色の青と白の帯を巻いた電車は、大船駅を発車すると、東海道本線から分かれて、左に大きく弧を描きながら、横須賀線に入って行きます。 大船駅は、いまから131年前、明治21(1888)年のき…

小田原駅「あぶらぼうず伝説」(1300円)~小田原の“幻の魚”が駅弁に!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 小田原の街をバックに、東海道本線を下って行く185系電車の特急「踊り子」号。 車窓に広がる相模湾は、駿河湾・富山湾と並ぶ日本三大深湾の1つとされています。 特に小田原以西は急深の海岸となって…

小田原駅「釜揚げしらすとじゃこのお楽しみ弁当」(850円)~鉄道も駅弁も新作続々

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 東京・新宿から小田原を経由して箱根湯本を結ぶ、特急ロマンスカー「はこね」号。 平成30(2018)年3月にデビューした最新の小田急70000形電車(GSE)は、ローズバーミリオンを基調とした…

小田原駅「金メダル弁当」(1080円)~駅弁にも世界の風! パエリア風駅弁!!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 東京~神戸間を結ぶ「東海道本線」。 なかでも“金メダル級”の車窓を誇るのが、小田原から熱海にかけて海が見える区間です。 特に根府川駅付近は、真鶴半島から伊豆半島、伊豆大島まで望めることもあり…

横浜駅「ハロウィン限定 黒炒飯弁当」(930円)~今年もハロウィン限定駅弁登場!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 川崎市民の足・JR南武線。 東海道本線の川崎駅から多摩川に沿って北上、川崎市の川崎区・幸区・中原区・高津区・多摩区と駆け抜けて東京都に入り、中央本線・立川駅までの35㎞あまりの路線です。 途…

横浜駅「メガ炒飯弁当」(1350円)~15両の長大編成とラガーマン同様の倫理感が支える首都圏の通勤列車

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 東京近郊のJR線で列車を待っていると、ときどき、「今度の列車は“短い”10両編成でまいります」という駅員さんのアナウンスが入ります。 特に東海道本線・東北本線・高崎線・常磐線の列車(上野東京…

Page top