マヂラブ野田、R-1審査のために営業先で猛ダッシュ 村上「僕には理由が全くなかった」

By -  公開:  更新:

3月10日(木)深夜、お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルと村上がパーソナリティを務めるラジオ番組「マヂカルラブリーのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週木曜27時~)が放送。先日の『R-1グランプリ2022』(フジテレビ系)審査員の野田が現場へ向かう途中に起きた、あるハプニングについて2人が語った。

昨年に続いて、今年も『R-1』の決勝で審査員を務めた野田。しかし、直前に山口県で営業があり、現場に遅れる可能性があったそうで、会場へ急ぐ過程で起きた『謎の新幹線ダッシュ』について語り始めた。

村上:アテンドしてくれる(所属事務所の)吉本の社員の方が、とにかく急いでくれたんですよ。「(新幹線)1本早いの乗れるかもしれないんで!」って言って、ずっと走るんですよ。でも、走った先には改札がなくて。周りのお客さんに「新幹線、向こうですよ」って言われて。そういうミス(笑)

野田:走ってる最中には、「1本前に乗れるかもしれません」っていう情報すら来てないんですよ。なんか(社員が)走っていたんで、僕らもイチかバチか走ってみたんですよ(笑)

村上:何時台か忘れたけど、(社員が)「15分かぁ」とか言ってて、でもチケット見たら55分だし。結果、乗ったのは55分発のでしょ?

野田:16分に改札入って、そこから40分間待つことになったじゃないですか。これ、もう詰んでて。出れないんですよ。というのも、走って大注目浴びちゃったから(笑)。「あ、マヂカルラブリーだ!」とはなってて。

村上:(笑)

野田:「『R-1』審査いってらっしゃい!」みたいなノリで見送られつつ改札入ったんで。でも改札の中には、ほぼ何もないんですよ。

村上:ホームに逃げ込んで、端っこでコソコソ隠れて(笑)

野田:それで40分間待つっていう(笑)

村上:僕には急ぐ理由が全くなかった(笑)

野田:大変でしたねぇ。

現場に向かう途中のハプニングについて話した2人。だが、結果的には現場にも間に合い大会も完璧で、「素晴らしかった」と語っていた。

番組情報

マヂカルラブリーのオールナイトニッポン0(ZERO)

毎週木曜 深夜 3:00 - 4:30

番組HP

2020年の賞レースを最もざわつかせたお笑いコンビ・マヂカルラブリーが、木曜のオールナイトニッポン0を担当します! “あれはラジオじゃない”って言われないように精いっぱい喋ってます。是非お聴きください!

Page top