瀬戸内寂聴「今日を生きるための言葉」

瀬戸内寂聴 出離した私は目から鱗が落ちたように、自分を取り巻く自然が急に美しく輝いて見えました。

【瀬戸内寂聴「今日を生きるための言葉」】第1561回 昭和四十八年十一月に出離した私は、髪を落とすと同時に目から鱗が落ちたように、自分を取り巻く自然が急に美しく輝いて見えました。あの日感じた空の色、日の光、木々の葉の色を…

Page top