人気劇作家、ベッキーと初共演し感動!「すっごくいい人だった」

By -  公開:  更新:

7月9日(月)、劇作家の根本宗子と役者兼モデルの長井短(ながい みじか)がパーソナリティを務めるラジオ番組「根本宗子と長井短のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送)が放送され、根本が、タレントのベッキーがパーソナリティを務めるラジオ番組にゲスト出演した際に感じた、ベッキーの印象について語った。

今回根本がゲスト出演したのは、ベッキーが毎月第一土曜日にパーソナリティを務めるラジオ番組『ミッドナイト・ダイバーシティー ~正気のSaturday Night~』(毎週土曜・JFN系)。ベッキーは今年5月に上演された根本演出の舞台『紛れもなく、私が真ん中の日』を観劇し、それをきっかけに根本に興味を持ってこの度ゲスト出演の依頼がきたという。今回初めてベッキーと会ったという根本が、ベッキーの印象について語っていった。

根本:ベッキーさんね、すっごくいい人だった。素敵だった。

長井:あーそうなんだぁ。ベッキーさ~ん……

根本:ラジオだからさ、別に目を見て喋らなくてもいいわけじゃん?

長井:そうだよ、別に爪とか見ててもいいわけだもんね。

根本:台本も追わなきゃいけないし、いろいろある中、ちゃんと目を見て喋ってくれて。でね、やっぱり可愛かった!

長井:可愛いよねー!

根本:ベッキーさんって、いつも白湯を飲んでるんだって。前にインタビューでベッキーさんが、温活(=日頃から体を温める活動)にハマってるって言っているのを聞いたことがあって。

長井:ふんふん。

根本:「お湯、飲んでるんですよね?」ってベッキーさんに聞いたら、「白湯だよ」ってツッコまれた(笑)

長井:あはは(笑)

ベッキーのラジオ番組にゲスト出演し、楽しい時間を過ごしたという根本。この番組『根本宗子と長井短のオールナイトニッポン0(ZERO)』では、パーソナリティという立場上自分からいろいろ話さなければならないが、ゲストという立場だと聞かれたことに答えるだけで番組が成立するため、あまり気負わずに楽しむことができたという。

Page top