里崎智也が語るクライマックスシリーズへの展望「セ・リーグは巨人が1番有利」

By -  公開:  更新:

元千葉ロッテマリーンズの名捕手で、ショウアップナイターの解説者としても活躍する里崎智也が、ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」(9月24日放送)に電話出演し、クライマックスシリーズの展望について語った。

ペナントレースは全143試合。残り試合が1桁のチームも増えてきた中で、9月24日の時点で、広島が優勝マジック「1」、西武が優勝マジック「7」と、セ・パともに優勝チームが決まろうとしている。しかし、クライマックスシリーズ争いは熾烈で、特にセ・リーグはどのチームにもチャンスがある状態である。

まず、里崎はパ・リーグについて語った。

里崎:西武は、シーズン通して打ちまくったイメージがありますよね。これは想定外でした。というのも、チーム防御率はパ・リーグ最下位。最多勝の多和田は防御率4点台。この数字はパ・リーグでいうと、近鉄のいてまえ打線以来の優勝です。

垣花正アナウンサー:以前パ・リーグ順位予想をしてもらったときは、「西武は4位」とおっしゃっていたような?

里崎:そうっすねぇ・・・でも、予想の中身はだいぶ当たってますよね!中継ぎ以降が不安で、打つけどカバーしきれないだろと思っていたのが、カバーしちゃったんです。(笑)そんな西武が、いま一番不安視しているのは、クライマックスシリーズでソフトバンクが勝ち上がってきた場合だと思います。エースの菊池雄星は入団以来ソフトバンクに1勝もしたことがない。菊池が本気で勝てなかった場合、ソフトバンクに2回負けてしまうから、ソフトバンクの大逆転もあり得ます。

続いて、里崎は混戦のセ・リーグについて語った。

垣花:現在(9月24日の時点で)3位が巨人、1ゲーム差で4位・横浜DeNA。そこから1.5ゲーム差で5位・阪神、さらにそこから1ゲーム差で6位・中日。3位の巨人と、6位の中日は3.5ゲーム差。この週末少しゲーム差が開きましたが、どうでしょうか?

里崎:僕は数字上、巨人が一番有利だと考えています。ゲーム数が一番少なくて、全試合終わった状態で上位にいれば有利なんですよ。残り3試合1ゲーム差で下位のチームが逆転しなくてはいけない場合、3連勝しなければいけないんです。試合がないと0.5ゲーム差しか縮められないので。

里崎は、どのチームにもチャンスはあるが、巨人が最も有利であるという自論を語った。また、時に批判を浴びるクライマックスシリーズのシステムについて里崎は、「クライマックスシリーズのシステムは最高にいいです。いまプロ野球は右肩上がりで観客動員数が増えていっている。クライマックスシリーズがなかったら一気に減りますからね。旧システムだと今なんてガラガラですよ。プロ野球界衰退につながります。広島なんて昔はなんとか3位に入って日本一って言ってたんですから。強くなったことを誇りに思わなくてはいけない。」と語り、この話題を締めくくった。

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 8:00-11:30

番組情報

垣花正あなたとハッピー!

FM93/AM1242ニッポン放送 月~木 8:00~11:30

番組HP

ふつーの男・沖縄県宮古島出身の垣花正がお届けする、ニッポン放送が自信と不安をもってお送りする朝のワイド番組!レギュラー・ゲストとのコンビネーションもバッチリ!今の話題をハッピーにお届けしていきます!


Page top