ベテラン芸人が語るダチョウ倶楽部誕生の瞬間

By -  公開:  更新:

お笑いコンビ、ブッチャーブラザーズのぶっちゃあが、ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(9月17日放送)に出演し、「私だけが知っているギョーカイ事件簿」と題して、ダチョウ倶楽部の結成秘話について語った。

ショーパブの舞台に立っていた頃、同じくショーパブの仲間だったキムチ倶楽部(現在のダチョウ倶楽部)が、テレビに出演することになったという。しかし、「キムチ倶楽部なのに韓国人がいないと、ややこしいと思われて損だ」ということで、改名することに。ぶっちゃあの目の前で新しい名前をどうするかの議論が始まり、4名だった当時のメンバーである南部が「Tの時代だよ、たけし、タモリ、所ジョージ、鶴太郎。頭文字はTにしよう。だから、ダチョウ倶楽部ってどうかな?」と提案。正確にはTではないが、その名前で決定になり、ダチョウ倶楽部が誕生したとのことであった。

高田文夫のラジオビバリー昼ズ
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 11:30~13:00

番組情報

高田文夫のラジオビバリー昼ズ

FM93/AM1242ニッポン放送 月~金 11:30~13:00

番組HP

高田文夫先生と、キャラクターの濃~いパーソナリティがお送りする「昼休みのお笑いバラエティー」ラジオビバリー昼ズ!

Page top