乃木坂46新内眞衣、プライベートで母娘ディズニーを満喫

By -  公開:  更新:

11月28(水)、乃木坂46の新内眞衣がパーソナリティを務めるラジオ番組「乃木坂46・新内眞衣のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送)で、プライベートで母親と東京ディズニーシーへ行ったことを語り、幼い頃の思い出も紹介した。

スケジュールが急に空き、有効期限間近のディズニー・ペアチケットを使うことにしたという新内。当日の朝、最悪の場合は一人で行こうという気持ちで母親を誘ったところ、すぐに返事があり、急遽親子ディズニーを決行したという。

「ダメ元でお母さんに『今日、仕事は休み?』って連絡をしたら、お母さんの返事がまさかの『休みだよ~』って。これ、本当にすごいんだけど、休みかなって思って連絡をすると大体休みなんですよ! さすが親子だな、と思いました。お母さんからすぐに電話がかかってきて、『夕方からは用事があるから、今からだと3時間ぐらいしかいられないよ?』って。やっぱりお母さんはすごい。さすが親子。それで行く気になってくれるところが、凄くないですか?

舞浜駅で待ち合わせして、私は5年間ぐらいディズニーランドに行っていなかったから 、ランドに行きたい気分だったんですけど、お母さんが『私、今月ランドに行ったばかりだからディズニーシーに行きたい』って言って。だからお母さんの希望通り、ディズニーシーに行きました。

お母さんも年を取ったのかな、と思ったんですが、昔は絶叫系の乗り物が大好きだったのに、乗りたがらなくなっていたんですよ。昔、私は絶叫系が大嫌いだったのに、お母さんにめちゃくちゃ乗せられていて。スプラッシュ・マウンテンとかって身長制限があるんですけど、わざと膝を曲げて“絶対に乗らないからね!!”って顔をしていたら、『なんで膝を曲げてるの!? ほら、行くよ!』って言われて、何回も乗せられていたんですけどね。今回は、インディ・ジョーンズ、アクアトピア、トイ・ストーリー・マニア!の比較的(絶叫系でない)アトラクションに乗ってきました。」

アトラクションの待ち時間には、実家の水回りを直した話や、母親が好きな乃木坂46の衣装の話など、親子水入らず色々なことを話し、お土産には大好きな餃子を食べるための“餃子皿”を購入するなど、充実した時間を過ごしたと語った。

Page top