久しぶりに手紙を書いて気がついた、ショックな出来事

By -  公開:  更新:

俳優・モデルとして活躍する敦士がパーソナリティを務めるインターネットラジオ『敦士のオールナイトニッポンi』第62回が配信され、前回の第61回にて、これまでに食べて美味しかった“駅のホームに売っているおつまみ”を製造している会社4社に宛てて手紙を書いた敦士が、久しぶりに“手紙”を書く上で感じたショックな出来事について語った。

たびたび番組内の企画で、駅のホームで買ってきたおつまみをスタジオに並べて、試食している敦士。この企画というのは、敦士が仕事などで地方に行った際に買ってきたおつまみ数品を試食し、「このおつまみでビールを何杯飲みたくなるか?」といった点を基準に敦士が独断で測定した“ビール指数”を、決めていくというもの。これまで東京駅、仙台駅、新大阪、静岡駅の4ヶ所でおつまみを購入し、それぞれの駅から1つずつ、計4つの“ビールにもっとも合うおつまみ”を決めてきた。

前回の放送では、これまで敦士が選んだその4つのおつまみを作っている会社に対し、味の感想と感謝の言葉を直筆の手紙にしたためたが、今回は完成したその手紙を番組の中で読み上げた。内容については気持ちを込めて書いたため満足した様子の敦士だったが、しかし実際に手紙を書く機会がほとんどないという敦士は、漢字が書けなくなっていたことに改めて気がつき、ショックを受けたという。

「(スタッフから「漢字間違ってるところないですか?」と聞かれ)え、ウソでしょ?ここまで書いたのに?結構丁寧に書いたけど、これで漢字間違ってたら・・・いや、大丈夫だと思うんですけどね。

あとね、間違ってたらっていうか、漢字が書けない!ショックだよ。中学高校で、あんなにたくさん漢字を勉強してきたじゃないですか。それなのに“噛む”とか分からなくて、どんな漢字だっけ?と思って。本を読んでいるときにはさらっと読めるんだけど、いざ書こうとすると書けなくて。口編と(つくりの上の)“止” は書けるんだけど、その下何だっけ?と思って。なんとなくイメージはあるんだけど、イメージだけで書けないの。・・・ネットで調べちゃったよ。恥ずかしいよね。これから子供が大きくなって、お父さん漢字教えて!って言われたときに、教えられなそうで。

でも手書きっていうのは、いいですよね。その人の味が出るし、文字から人を想像できるじゃないですか。だから僕も、パソコンで打っちゃえばそれまでなんですけど、でも敢えて慣れない手書きでやってみたんですけどね(笑)」

漢字が書けないことに苦労を感じながらも、気持ちを伝えるために手書きに挑戦したという敦士。現在敦士は、ユーキャンの通信教育で文字の書き方を勉強しているそうで、正しい漢字やきれいな文字を書けるようになるため、これからも頑張っていきたいと話した。

このエピソードの全貌は、『敦士のオールナイトニッポン』第62回で聴くことが出来る。

番組概要

番組名:敦士のオールナイトニッポンi
パーソナリティ:敦士
第62回(10月3日配信)URL:https://i.allnightnippon.com/p/e_anni_atsushi_062

Page top