長嶋茂雄に「一緒に引退しよう」といわれた!? レジェンドアナウンサー・深澤弘

By -  公開:  更新:

7月15日のニッポン放送開局記念日スペシャル「おかげさまで65周年”あなたとROCK&GO”」で、深澤弘アナウンサーが、読売ジャイアンツ終身名誉監督・長嶋茂雄とのエピソードを語った。

ニッポン放送のプロ野球中継「ショウアップナイター」をスタート時の1966年から担当し、実況した野球の試合数は1,600を超えるという、“ミスターショウアップナイター”深澤弘。同い年の長嶋茂雄とは深い交流もある“盟友”であり、様々なエピソードを持つが、1974年10月14日の長嶋茂雄引退セレモニーの実況も務めた深澤が、この日に至る前の裏話を明かした。

「『10月14日に引退する。その日はもうナイター中継の編成が終わって、ナイターオフの編成に入ってるけど、ニッポン放送だけは、これから会社に行って社長に言って時間を取って中継してくれ』と(長嶋さんに)言われた。

『それで、あんたがしやべって、年も同じだし、一緒に引退しよう』って。こっちはこれからだっていうのにね(笑)」

そして「あの人がいい結果を出せるために、一緒に手伝いましたね」とも語り、様々な交流を明かした深澤。

そして、1988年6月15日のショウアップナイターで解説を務めた長嶋茂雄が、バッターボックスに立った、当時現役ヤクルト選手の息子・長嶋一茂の打撃を解説するシーンや、「10.19」と呼ばれる伝説の1988年10月19日のロッテ-近鉄戦ダブルヘッダーなど、実況音声を交えながらショウアップナイターの歴史を振り返った。

ニッポン放送開局記念日スペシャル「おかげさまで65周年”あなたとROCK&GO”」
FM93AM1242ニッポン放送 2019/7/15 5:00-21:50

Page top