テレ東・佐久間P、地元・福島県の中高生に教育復興支援「どんなことがあっても笑いに変えられる」

By -  公開:  更新:

8月7日(水)深夜、テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行がパーソナリティを務めるラジオ番組「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週水曜27時~)が放送。1日に、福島県立ふたば未来学園中学校・高校にて、双葉郡をはじめとする福島県内の中高生を対象とした「双葉郡中高生交流会 FUTABA 1 DAY SUMMER SCHOOL」での、特別講師として参加した感想を語った。

「FUTABA 1 DAY SUMMER SCHOOL」は、“ふたばの教育復興応援団”の秋元康の声掛けで例年さまざまな分野で活躍する著名人が講師となり、生徒たちとワークショップを行うというもの。5回目の開催となった今回、佐久間のほかに、小室哲哉(音楽家)、林真理子(作家)、平手友梨奈(欅坂46)とTAKAHIRO(プロダンサー)、前田裕二(SHOWROOM代表取締役社長)が講師として参加した。

福島県いわき市出身ということもあり、快くこの依頼を引き受けたという佐久間。当日は各講師陣の取り組む姿勢に感銘されながら、自身はテレビ東京の「ゴッドタン」や「青春高校3年C組」といったバラエティ番組手掛けていることから、“笑いをテーマにガチ授業”を開講したという。

「講師陣の気合がすごかった。小室さんなんて前日に前乗りして下見でピアノを弾いているの。ちゃんとやれるかどうか、って。さらに生徒の名簿を見て、曲のイメージも作っていて。SHOWROOMの前田さんは“VTuberになろう”というプロジェクトで、スタッフの方と一緒に生徒50人分の準備をしていて。平手さんなんて、めちゃくちゃ暑い日なのに、授業が体育館で冷房もきいていないのに、欅坂46の衣装を着ていた。ダンスをやるだけだからジャージとかでも良いんだけど、学生たちが喜ぶからだろうね、衣装をバチっと決めていた。TAKAHIROさんも上下黒の、めちゃくちゃ暑そうな格好で気合を入れて、平手さんと二人で振付の確認をしていた。

教室を開けると50人くらいの生徒がいた。お笑いの授業を選択しそうな、下を向いているかんじの子が多くて、ほぐす話から始めようと思って『ゴッドタンを見たことがある人は?』って聞いたら、手を上げたのは3人だけ! あれ!? って思ったら、テレ東が映らない地域だったんですよ。本当に、万事休すですよ……」

「僕はバラエティ番組の話をしながら、『芸人さんは~』という話をしようと思っていたけど、子供たちは本当にお笑いのことを学びたくて、中にはいろいろ辛いこともあった子もいて、それを面白く話すという僕のコンセプトに共鳴して授業を受けに来た子達だった。

1回考え直して、『みんな、しゃべるのが得意か?』と聞いたらみんな首を振って、『人を笑わせてみたいと思うか?』と聞いたらみんな頷いた。『それを今日はやっていこう。どんな人でも、どんなことがあっても、それを笑いに変えることはできます。もちろんそれは全てじゃないし、笑いに変えなくても良いこともあるし、逃げた方がいいこともあるけど、笑いに変えることを一つのオプションとして持っておくと、これは後で笑いにできるな~って思える。笑いの一番いいところは、後でネタにできるということだから。そういうテクニックを持つだけで、人生は楽になります』って言った瞬間、生徒の目がキラキラと輝いた。俺、マジでこの子達を教えたいと思った」

授業では、お笑いコンビのEXITが「ゴッドタン」に初めて出演したとき、なぜ映えたのか? 三四郎が「ゴッドタン」に松葉杖の姿で出演して、面白く映ったのは何故か? といったことをVTRを見せながら解説したほか、生徒たちからは“お笑いにしてみたいネタ”を募集。集まったネタは想像以上に面白く、生徒たちに何度も笑わされてしまう授業だったと振り返った。

番組情報

佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)

毎週水曜 深夜 3:00 - 4:30

番組HP

テレビ東京のプロデューサー佐久間宣行が、ニッポン放送の「オールナイトニッポン0(ZERO)」に挑戦! 会社員のテレビマン、44歳で既婚者、中1の娘がいる普通のおじさんが、一生懸命しゃべります。最年長パーソナリティがお送りする「テレビ東京×ニッポン放送・メディアミックス ラジオ番組」です!

Page top