つるの剛士「今までにない表現とかが出るんじゃないか」~エンターテインメントの今、未来を原田龍二と語る

By -  公開:  更新:

つるの剛士が6月10日(水)のニッポン放送『原田龍二DAYS』(毎週水曜日午後1時~生放送)に出演し、新型コロナウイルスで様々な影響を受けたエンターテイメント界に関して、時間たっぷり対談する。

ニッポン放送 『原田龍二DAYS』6月10日(水)13時~16時

毎週月曜日から水曜日午後1時~午後4時で生放送をしている、ニッポン放送『DAYS』。月曜日はフリーアナウンサーの安東弘樹、火曜日は芸人の中川家、水曜日は俳優の原田龍二が、アラフィフラジオをテーマに、曜日ごとで様々な話題や企画を展開しているが、6月8日(月)からの一週間は「エンターテイメント復活DAYS」と題して、新型コロナウイルスで様々な影響を受けた方々をゲストに招き、どんな影響があり、今後どんな動きをみせるのかなどを中心とした内容で放送する。

6月10日(水)の『原田龍二DAYS』には、タレント・歌手・俳優として活躍するつるの剛士がゲスト出演。原田との対談は事前収録で行われ、エンターテイメントの今と未来、そしてプライベートまで語りつくした。

音楽活動もしているつるのは、コロナ禍で「表現ってどう言うことなのか、何を伝えていきたいのか」を考え、「これからモノを作る人は、ますます研ぎすまされて、今までにない表現とかが出るんじゃないかと前向きに捉えている」と熱い気持ちを語った。

また、プライベートではこの春、通信制の短大に入学したことも話題になったつるの。昨年、芸能生活25周年を迎え「芸能生活を振り返ったときに、ウルトラマンダイナ、ポケモン、チャギントンなど子供に携わる仕事が多かった。子供達の未来に携わる事ができたらいいなとずっと思っていた。」と、“保育士の資格取得”という今後の展望についても掘り下げた。

さらに、先日反響を呼んだ「安倍総理にお疲れ様を言おう!」というTweetに関しての真意も語るなど、つるの剛士の様々な想いが明らかになった対談となった。

つるの剛士がゲスト出演をする『原田龍二DAYS~エンターテイメント復活DAYS~」は、6月10日(水)、午後1時から放送となる。

<番組概要>
■番組タイトル:ニッポン放送『原田龍二DAYS~エンターテイメント復活DAYS』
■放送日時:6月10日(水)13時00分~16時00分
■出演者:原田龍二、東島衣里(ニッポン放送アナウンサー)
■ゲスト:つるの剛士
■番組メールアドレス:days@1242.com
■番組ホームページ:https://www.1242.com/days/
■番組ツイッター:@days931242
■番組ハッシュタグ:#days1242

◆この番組は、radikoのタイムフリー機能で、放送1週間後まで聴くことができる。
http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=202006101300000

 

番組情報

DAYS

毎週月曜〜木曜 13:00-16:00

番組HP

『DAYS』=「日々」「お昼」「午後」… “働く人の日々の喜怒哀楽”がテーマです。世の中にはいろんな人々の、いろんな日々があります。そんな日々の嬉しかったこと、悲しかったこと、仕事のこと、家庭のこと。そんな「働く人のDAYS」をお届けします!
(月)安東弘樹DAYS/(火)中川家DAYS/(水)原田龍二DAYS


Page top