小林武史・前田裕二「音楽業界に恩返ししたい」~音楽・エンタメの未来を語る

By -  公開:  更新:

新型コロナウイルスの影響を受けて、大きな影響を受けたエンタメ・音楽業界だが、6月18日、エンタメ・音楽業界の主要3団体のトップが、4月に続いてニッポン放送に集結。特別番組『いま、音楽にできること』を18時から放送した。業界の現状や動き出した支援体制、ウィズコロナ、アフターコロナのエンターテインメントの形についてそれぞれの立場から考える「いま、音楽にできること」を発信。番組にはゲストとして音楽プロデューサーの小林武史、SHOWROOM株式会社の前田裕二社長も登場し、エンタメ・音楽の未来について語った。

ニッポン放送特別番組『いま、音楽にできること』小林武史、前田裕二が語った音楽・エンタメの未来とは

番組は冒頭『エンタメ・音楽業界トップ鼎談~いま、音楽にできること~』と題し、一般社団法人日本音楽事業者協会会長・堀義貴氏、一般社団法人日本音楽制作者連盟理事長・野村達矢氏、一般社団法人コンサートプロモーターズ協会会長・中西健夫氏を迎え、エンタメ・音楽業界の主要3団体のトップによる鼎談でスタート。

コンサートやイベントの中止で音楽業界は3300億円もの損失を被ったと言われており、アーティストや音楽関係者全体に大きな影響が出ている。そんな中、ライブハウスが6月19日から営業を再開できるなど、徐々でにはあるが、エンタメ再開の兆しが見えてきている。

エンタメ・音楽業界トップ鼎談再び!

そうした現状に対し、堀氏は「まだまだ不安もあるにしても、なんとかお客さんのために前を向いていこう。ある時期よりは、みんな力強くなってきていると感じる」と語った。一方、野村氏は「少しずつイベントもできそうな状況になってきたが、夏の一大イベントなど季節の楽しみが続々と中止が発表されている状況。いわば、再開に向けての希望と現実が共存している状況で、まだまだ先行きが暗いのかなと感じている」と率直な気持ちを語った。また、ライブやイベントに関わる立場から中西氏は「ライブがないというのは(業界に携わる人にとって)仕事がないということ。仕事を作るというのも我々の仕事。これからはウィズコロナだと思う。何もしなければなにも起こらない。どういうやり方をやっていけばよいのか、今、みんなで考えている状態」と話した。

今日出演した3団体はライブ事業に従事する人々を救済する基金「Music Cross Aid」を立ち上げ、6月11日から寄付金の受付を開始している。この基金を設立した思いについて野村氏は「ステージに立つアーティストだけでなく、照明や音響などライブに携わっている全てのスタッフもステージの表現者。今、コロナの影響で非常に厳しい状況になっている。そういう人たちを助けるために業界が自分たちで支援できる受け皿を作った、それが「Music Cross Aid」。いま、音楽エンターテイメントに普段接している人、自分の生活を潤してもらっていると考える人は次の未来のライブエンターテイメントを支えるために、ぜひ基金に協力して欲しい」と呼び掛けた。

小林武史「音楽業界に育てられてきたと思っている。この業界に恩返しができることがあったら何でもやりたい」

続いて、ゲスト出演した音楽プロデューサーの小林武史は、コロナ禍の現状について「本当に大変なことが起きている」との認識を示しながらも、エンタメ・音楽業界に対し、「自分は音楽業界に育てられてきたと思っている。ミュージシャンだし、音楽大好きだからこの業界に恩返しができることがあったら何でもやりたい」と力強く語った。

前田裕二「起業する理由にもなった“音楽”に、恩返ししていきたい」

引き続いて、ゲスト出演したのはSHOWROOMの前田裕二。新型コロナウィルスの影響でオンライン・配信の需要が高まっているが、前田は「僕が元々起業する理由にもなった音楽。心から愛するものが今、苦しんでいる。今立ち上がらなくて、いつ立ち上がるのか。自分たちの事業が成長すれば良いということでは断じてない。"還元"をキーワードにして、音楽業界に対し、明確な支えを提示して、恩返ししていきたい」と話した。また、エンタメ・音楽業界の今後について、「リアルな音楽の市場規模を従来通りの100に戻す事には留まらない。(自分たちが生み出している新しい仕掛けにより)元々の100を大きく超え、200にも、300にも到達し得るということを、つまり音楽が持つ無限のポテンシャルを、証明したい。その上でまずシンプルに、"オンライン"のオーディエンスに対してどんな価値提供をして、ビジネスを作っていくか。ここにどれだけ本気で向き合えるかは、未来を分けるポイントになる」との思いを熱く語った

番組エンディングで、エンタメ・音楽業界の主要3団体のトップはエンタメ・音楽の未来についてそれぞれの思いを語った。

堀氏は「新しい生活のなかに溶け込めるようなエンタメをどんどんつくっていかなければなけない。待っている人のために頑張りたいと思う」と話したほか、野村氏は「音楽の可能性がまだ見つけられていない、もしくはまだやれてないことがいっぱいあることが分かった。けれども、いま大変な人もいっぱいる状況。ぜひ基金に協力してほしい」と改めて呼び掛けた。中西氏は「ウィズコロナの時代、今後は共存共栄だと思う。ネガティブなことだけを考えるのでなく、ネガティブもわかったうえでポジティブに生きていく、そうした発想でやっていきたいと思う」と前向きに話した。

3人は『いま、音楽にできること』の決意を改めて話し、2時間の特別番組は終了した。

<番組概要>
■タイトル:ニッポン放送特別番組『いま、音楽にできること』
■放送日時:6月16日(火)18時00分~20時00分 生放送
■出演者:
<司会>吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)
堀義貴 (一般社団法人日本音楽事業者協会会長)
野村達矢(一般社団法人日本音楽制作者連盟理事長)
中西健夫(一般社団法人コンサートプロモーターズ協会会長)
<ゲスト>小林武史、前田裕二


Page top