【速報】太平洋横断成功の辛坊治郎、ヨットでの日本帰還の挑戦を発表!

By -  公開:  更新:

ヨット太平洋単独無寄港横断に成功したキャスターの辛坊治郎が、なんとヨットでの日本帰還を発表した。

辛坊治郎

4月9日午前9時17分に大阪府岬町の淡輪ヨットハーバーからKaorinV(カオリンファイブ)号でヨット太平洋単独無寄港横断に出航したキャスターの辛坊治郎が、日本時間の6月17日午前9時52分(現地時間16日午後5時52分)、アメリカ・サンディエゴのシェルターアイランドのヨットハーバーに到着し、無事、ゴールを果たした。

サンディエゴ・ハーバーポリスドックに無事に接岸したKaorinV(カオリンファイブ)号

画像を見る(全11枚) サンディエゴ・ハーバーポリスドックに無事に接岸したKaorinV(カオリンファイブ)号

辛坊のアメリカ到着の瞬間はニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』で生中継。そして入国審査を終え、無事、アメリカ上陸を果たした辛坊治郎は、ニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』での生中継で、「いやぁ、着きました。ありがとうございます。70日間かかりました」と第一声。また、現地時間6月16日はチャレンジに失敗した8年前の太平洋横断の出発日であったことに触れ、「小名浜を出てちょうど8年で着いた感じ。気持ち的にはなんか8年間ずっと漂流を続けていた気持ちだった。やっと今日で漂流が終わった感じ」と改めてマイクの前で語った。

辛坊治郎

辛坊治郎

そしてこの日、自身の番組であるニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』にも出演した辛坊は疲れを全く感じさせず元気に70日間に及んだ航海を振り返っていった。

この中で、東京のスタジオから、日本への帰国のタイミングについての質問がなされると、「船を売るには手続きが大変で、乗って帰ってくれる人もいないとなると、最終的には自分で乗って、持って帰るしかないんじゃないかという話です」と、淡々と回答した辛坊。

「は?」「ご冗談を」「ご乱心ですか?」と大騒ぎになった東京のスタジオであるが、「今度は貿易風にのって南回りで。何かトラブルがあったら単独無寄港にこだわらないので、南回りだとハワイやミクロネシアなどに避難場所として寄ることができるんです」と具体的な計画まで辛坊は披露した。

東京のスタジオも冷静になり「いつ出発するんですか?」とたずねたところ、「台風に遭遇しないためには、早い方がいいんですよ。1週間以内ですね」とまたもや驚きの回答であった。

身体を休めつつしっかりと準備をしてほしいが、具体的にはいつアメリカをたつのか、辛坊の今後の動きから目が離せない。

番組情報

辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!

月~木曜日 15時30分~17時30分

番組HP

太平洋横断にチャレンジする、辛坊治郎の帰りを待ちながら、期間未定で日替わり助っ人パーソナリティがいま一番気になる話題を忖度なく語るニュース解説番組。
[パーソナリティ]月曜:立川志らく/火曜:週替わり/水曜:吉田尚記アナウンサー/木曜:飯田浩司アナウンサー
[アシスタント]増山さやかアナウンサー


Page top