マヂラブ「『ボケねぇならどけ』と(笑)」花火特番の中継で視聴者から寄せられた意見に釈明

By -  公開:  更新:

9月23日(木)深夜、お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルと村上がパーソナリティを務めるラジオ番組「マヂカルラブリーのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週木曜27時~)が放送。9月18日(土)に放送された『隅田川花火大会 特別編~ありがとう&がんばろう日本2021~』(テレビ東京)で中継リポーターを務めた2人が、中継時の様子などを語った。

番組中盤、話題は、2人が中継リポーターを務めた花火大会のことに。久しぶりに花火を見たという2人は、きれいな花火を間近で見ることができて、とても心にくるものがあったと語っていた。

現地に行っていた2人は、当然、実際にテレビで生放送されていた映像を観ることはできなかったわけだが、画面上では2人の背中越しに花火が中継されていたとのこと。それを観ていた視聴者からは様々な意見も寄せられていたそうで、それを受けて2人は、当日の現場の状況について説明した。

野田:花火が打ち上がっていたじゃないですか。この花火を2台のカメラで(中継を)やっていたみたいなんですけども。まず1箇所が、僕らの背中越しにカメラマンさんがずっと映していて。ちなみに、僕らは、「いろんな意味を込めている花火なので、ボケるのやめてください」って(番組スタッフから)言われていて。無言でただ花火を観る、と。

村上:見ましたよ、それ。Twitterとかで誰かが(写真をアップして)「すごい良かった」みたいなこと書いてて、私もエモい写真だな~なんて思ったりして。

野田:あの~それね、マヂカルラブリーのこと知ってる人だけなんですよ。花火を楽しみに観ていた方は「ボケねぇならどけ」と(笑)

村上:ははは(笑)。一応ボケは欲してくれてたんだ? いや~、ボケれないですよ、僕らも。いろいろ意味を込めた花火なんですよ、皆さん。「オリンピックお疲れ様です」とかね。5色の花火が上がったりして、それを前に茶化すことはできないですから。

野田:でも僕らもさ、まさかこの(自分たちの背中越しに映している)カメラがメインだとは思わなくて。僕らのところなんて、一瞬しか映ってないと思っていたんですよ。なので、もう1台のところで、相当撮ってくれているんだろうなと思っていたんですけど。

村上:なんか、「2人の背中とその隙間から見える花火、これがすごい良くて。こっちの画がすごい使われていましたよ」ってディレクターさんが言ってましたよ。

野田:言ってました。でも、そうじゃないんですよ。こっちを使わざるを得なかったみたいなんですよ。

村上:何がですか?

野田:(中継カメラの)もう1箇所がですね。冨田(有紀)アナウンサーが、観覧車から見える花火(を撮ろうと狙ってて)、絶景になるはずなんですけども……あの~それまで雨が降っていたんですよね。もう、窓が曇りまくっていたらしくて。

村上:(笑)

野田:ず~っと拭いていたらしんですよ。

村上:「すいません、観られないです~!」って(笑)

背中越しに映る2人に対して手厳しい意見もあったそうで、それについて釈明した野田と村上。カメラが2台のみだったことや観覧車の窓が曇っていて花火を観ることができなかったことも原因であると話し、もう1台のカメラを担当していた冨田アナウンサーについても「焦っただろうな~(笑)」と心情を察していた。

番組情報

マヂカルラブリーのオールナイトニッポン0(ZERO)

毎週木曜 深夜 3:00 - 4:30

番組HP

2020年の賞レースを最もざわつかせたお笑いコンビ・マヂカルラブリーが、木曜のオールナイトニッポン0を担当します! “あれはラジオじゃない”って言われないように精いっぱい喋ってます。是非お聴きください!


Page top