マヂラブ「あれは反則です」『M-1』芸人登場時のせり上がりが回転式になった理由を語る

By -  公開:  更新:

12月23日(木)深夜、お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルと村上がパーソナリティを務めるラジオ番組「マヂカルラブリーのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週木曜27時~)が放送。先日放送の『M-1グランプリ2021』(テレビ朝日系)に関するトークの中で、芸人が登場する際のせり上がりが回転式になった理由を野田が明かした。

今回2人は、『M-1グランプリ2021』について言及し、野田は「僕は僕で思うことがある」と、前年のチャンピオンとして現場にいた者の目線から語り始めた。

野田:登場で(芸人が出てくる際のせり上がりの台が)回転式になってたじゃないですか。

村上:なってましたね。カッコよかったね、あれ。

野田:あれがなぜ、ぐるーんと(回転式に)なったかといいますと、これはランジャタイからの情報なのかな? あれは、昨年野田クリスタルが土下座から始まったので、それ対策らしいんですよ。

村上:どういうことですか?(笑)

野田:あそこでボケさせない。

村上:あそこで無茶する奴が出てくるんじゃないかってこと?

野田:もっとすごいことをしてくる可能性があるから、それ対策をしたらしいんですよ。

村上:だから最初は後ろを向いている状態から、ぐいっと前に出てくるみたいな。

野田:よく判断できないような状態にしたと。

村上:ほんとに?

野田:スタッフに聞いたらその返答がきたらしいんで。『M-1』っていうのはどんどん改善されていってるわけですね。ネタ以外の部分でボケられてしまったら、そこはどんどん改善されていくんですよ。

村上:じゃあその……(前年登場時の野田の行動は)公式で反則と認められたってことですか?

野田:反則です、あれは。

村上:あはははは(笑)

ネタ以外の場所でボケた場合、翌年以降改善される傾向にあると語った野田。今年の『M-1』に関しても、控室から舞台までの通路や、現時点での上位3組が待機する暫定ボックスなどでボケる芸人もいたため、来年は改善されるのではないかと野田は予想していた。

番組情報

マヂカルラブリーのオールナイトニッポン0(ZERO)

毎週木曜 深夜 3:00 - 4:30

番組HP

2020年の賞レースを最もざわつかせたお笑いコンビ・マヂカルラブリーが、木曜のオールナイトニッポン0を担当します! “あれはラジオじゃない”って言われないように精いっぱい喋ってます。是非お聴きください!

Page top