人気漫画『ハニーレモンソーダ』が初の朗読劇に!羽花と界を取り巻く甘酸っぱい青春学園ストーリーを豪華声優52名が熱演!

By -  公開:  更新:

8月21日(日)深夜、バーチャルMC・一翔剣(吉田尚記アナウンサー)がパーソナリティを務めるラジオ番組『ミューコミVR』(ニッポン放送・毎週日曜日23時30分~)が放送。9月に全16公演で開催される朗読劇『ハニーレモンソーダ』にまつわる企画を行った。

番組内では、コーナー『サポーターズVR by アニマックス』を展開。アニマックスは、最新のヒットアニメから不朽の名作アニメまで幅広い世代が楽しめるアニメ専門チャンネルで、現在コーナー内では、朗読劇『ハニーレモンソーダ』を特集している。

『ハニーレモンソーダ』は、2016年に『りぼん』にて連載がスタートした、累計発行部数が950万部を突破する人気少女漫画。今回、初の朗読劇として公演を行うことが決まっており、岡本信彦、上田麗奈、小野大輔、関俊彦、種崎敦美、芹澤優など、豪華声優52名が日替わりで登場する。

それを受けて今回は、『クイズ!このあと界(かい)くんは何て言う?』を展開。『ハニーレモンソーダ』は、引っ込み思案な自分を変えたいと願うヒロイン・石森羽花と、基本塩対応だけど人気者な三浦界の2人を取り巻く、甘酸っぱい青春学園ストーリー。界のセリフがとにかくカッコイイことで知られているが、朗読劇で羽花との掛け合いと楽しんでもらうべく、実際に作品に登場するシーンからクイズとして出題した。

吉田:「父の過保護から、学校を休むことになってしまった羽花。寂しい思いをしているところに、こっそり部屋の窓を叩く界。界との会話に元気づけられる」

界「あとはお前がどう動くか、楽しみにしてるから。じゃ!」

羽花「え、待って、どうやって帰るんですか?ここ2階ですよ?」

界「????(セリフ)」

「三浦(界)君はまた私に笑顔をくれて、夜の街に消えていった」

ここで、クイズ!界くんは何て言った?

METAMUSE・西井万理那(パートナー):「俺、めっちゃホッピングなんだ(傘を開いて降りる)」

CUBERS・末吉9太郎(パートナー):「え、じゃあ俺、帰んなくてもいいの?」

吉田:正解は……。「知ってた?俺、飛べるんだ」でした!

朗読劇では、こうしたキュンとくるセリフのやりとりを豪華声優陣が演じることになる。朗読劇『ハニーレモンソーダ』は、9月3日(土)~11日(日)までの全16公演となっており、ヒューリックホール東京にて開催。公演ごとに出演キャストが変わるマルチキャスト式で、全公演異なる組み合わせで行われる。各公演の出演スケジュールは、公式サイトにてチェックできる。

番組情報

ミューコミVR

毎週日曜日 23:30 - 24:30

番組HP

ニッポン放送初のVRアナウンサー「一翔剣(いっしょう・けん)」がお届けする、カルチャー・エンタメプログラム。YouTube Live上に『VR』空間を展開し、60分のラジオ番組を同時生配信! 一翔剣は、2019年に"HoneyWorks"ヤマコ氏のデザインによるVRアナウンサーとして活動開始。今回、アイドル・アーティストとして活動する西井万理那(ZOC)、末吉9太郎(CUBERS)を番組パートナーに迎え、『VR』空間でコラボレーションしていく!!

Page top