元文春記者中村竜太郎が語る「週刊文春の掟」とは?辛坊治郎ズームそこまで言うか!

By -  公開:  更新:

2/18(土)のFM93AM1242ニッポン放送『辛坊治郎ズームそこまで言うか!』では、ゲストに週刊文春のセンセイとして、元「週刊文春」エース記者でフリージャーナリストの中村竜太郎さんをお迎えしました。
中村さんは、CHAGE and ASKAのASKAさんの覚せい剤使用の記事「シャブ&飛鳥」など、数々のスクープをモノにしてきた元週刊文春のエース記者!

辛坊治郎,増山さやか,中村竜太郎

辛坊さんは、以前、文春に嘘の記事を書かれたことから、敵対視しており、一触即発!?な雰囲気に?
この日は「週刊文春の掟」について伺いました!

①会議では毎週世の中に出ていないネタを5本出す

記者の人数は50人程いるそうですが、隣の記者がどんな取材を行っているのかは知らないことも多いそうです。
新聞に載っている様なネタを持って来ると、罵声を浴びせられることも…。
辛坊)記者が50人いるという事だけど、全員でやるの?
中村)ニュースだと5班ぐらいに分かれているので、班別に行うんです。
それをまとめて、持ち寄って、最終的に木曜日の夕方に発注が来るんですよね。
辛坊)毎週5本もネタを出さなきゃいけないってことだけど、どっからネタを持ってくるんですか?
中村)それは個人のネットワークですよね。人脈が物をいいますよね。
雑談みたいな話から「それにまつわるこんな話があるよ!」みたいな。
辛坊)タレコミみたいなのもあるでしょ?
中村)去年1月のベッキーさん以降、増えましたね!
最近は、タレコミ専用の文春リークスというのがあって、そこにネットを通じてタレコミをしてくる人もいるんですが
ホントのものって、100本あるうちの1本あるかないかですから、裏取りをする作業が大変なんですね。

②新人は先輩記者から見て盗む

中村)新人の方が来ても、懇切丁寧に説明するということはないですね。
辛坊)全くの素人は、いきなり記者になれないですよね?
中村)そうですね。ある程度、人脈とかスキルがないと難しいですね。
辛坊)中村さんは、元々何をしていたんですか?
中村)僕は、光文社で「女性自身」をやっていました。
(中略)
辛坊)記事を書くときに「この記事書いたらこの人困るだろうな…。」と思うと
記事が書けないと思うんだけど?
中村)それは個人によるんですよね。
胸を痛める人もいれば、自宅に行ってチャイムを押すのも平気な人もいるんですよね。
辛坊さんも経験されてると思うんですが。
辛坊)そうなんですよ。昔記事を書かれた時は、
一人目は、玄関先で二言三言だけど、ちゃんと答えたのに、嘘ばっかり書きやがって、
二人目に来た人は、4時間ぐらい玄関先でビール飲みながら
「話はよくわかりました。けど、辛坊さん、Flashの連載で文春の悪口書いたでしょ?
それを見た編集長が、激怒して、『もう一回悪口書くから取材行って来い!』って言われて来たんです…。」
って言ってましたね。

辛坊)「シャブ&飛鳥」の記事は、完全に中村さんがスクープを?
中村)そうですね。
辛坊)実名報道をしていましたが、かなり確信があったということですか?
中村)そうですね。初めての覚せい剤での実名報道でした。
辛坊)どっからの情報だったんですか?
中村)それはねぇ…。色んな方から…。明確に言うと僕もリクスがありますから…。
辛坊)おっかない目に遭ったことは?
中村)ありますよ!尾行されたり、街宣車が来たり…。
事件の現場に行くとスコップで襲われた事もありますね。

続きは、下のバナーをクリックしてぜひradikoのタイムフリーで聴いてみてください!

radiko_time_0226

■■□――――――――――――――――――――――――――――――――――□■■
2/25(土)の辛坊治郎ズームそこまで言うか!には宮根誠司さんが登場!

宮根誠司

「宮根誠司と辛坊治郎が激突!ぶっちゃけ巌流島 そこまで聞くか!」
と題して、日本を代表する二大キャスターが「しゃべり」という名の武器で相手のことを丸裸にしてもらいます!
お互いに聞いてみたい「禁断の質問」を用意してもらい、直接、ぶつけて行きます!

FM93AM1242ニッポン放送 辛坊治郎ズーム そこまで言うか! 土 13:00~15:00
パーソナリティー:辛坊治郎、増山さやか、飯田浩司
番組ホームページ:https://www.1242.com/program/zoom/
メールアドレス:zoom@1242.com
番組Twitter:#zoom1242
■■□――――――――――――――――――――――――――――――――――□■■


Page top