高橋みなみ、朝井リョウからの誕生日プレゼントに驚愕!

By -  公開:  更新:

高橋みなみと朝井リョウがタッグを組み、今年の元日から放送スタートしたラジオ番組「高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと」。23日夜の放送回は、高橋みなみの誕生日スペシャルと題して放送された。

冒頭は、朝井リョウ1人でのスタート。「チームY(※リスナー)のみんな、ラジオの前に集まってくださってますでしょうか?今は4月7日の23時55分、あと5分で高橋さんの誕生日である8日を迎えます!」と誕生日らしく空気を盛り上げる。

スタジオは、スタッフによって輪つなぎなどの飾り付けがされた。「今、ニッポン放送の全予算がこの部屋に集まっておりまして」と大げさに言う朝井だが、実際はとてもチープな飾り付けで、すぐに破れそうな紙や台本の裏紙などを使って作られていた。

時間があと1分となったところで、高橋が姿を現す。「3・・2・・1・・誕生日おめでとう~!」朝井がカウントダウンを終えると、同時にDreams Come True の『HAPPY HAPPY BIRTHDAY』が流れる。ノリノリで歌う朝井。「チームYのみんなもお祝いしてますよ!」と盛り上がる朝井だが、高橋は「なんなんだよ~!」と不満げ。

それもそのはず、この日は高橋の誕生日の4月8日ではなく、2週間後の23日。「あたかも今カウントダウン迎えたみたいなテイスト、やめてもらっていいですか?」と不満をぶつける高橋に対し、朝井が、「パーティーの準備気づかなかったですか?」と尋ねると、「いや、気づきたくもなかったし、入った瞬間カオスなのが見えたし…」と苦笑。

無理矢理パーティー帽をかぶらされ、誕生日スペシャルの仲間入りをさせられる高橋だが、パーティーの飾り付けに対しても不満だったようで、「幼稚園レベルなんだけど」と愚痴をこぼした。なお、この飾り付けは、朝井曰く、ADが日本酒を飲みながら面倒くささ満点で作ったということで、先週朝井が宣言していた通り、高橋の誕生日をネタに遊ぶ気満々の様子を見せた。

そんなスタジオの空気に高橋は、「手作り感に対して申し訳無さはあるけど…これで30分いこうとしてんの?」と、この企画だけで番組が持つのか?というそもそもの疑問を口に。20分もあるという驚愕の事実を知った朝井はおののくが、「でもまだ出し物がある!」とパーティーを続けていく意思を見せた。

CM開けも、「イエーイ」とクラッカーを鳴らし、高橋の誕生日で遊び続ける朝井。「ホントやだ~この人!」と嫌がる高橋に、朝井は「豊富聞かせて?」と迫った。しかし、誕生日から2週間が経過し、既にいろいろな場所で豊富を語っていた高橋は、改めて言うこともなく、「女性的には三十路が近づいてきたドキドキ感もあるが、全国ツアーもありますので、歌の活動に力を入れて頑張っていきたい。」と、まるで脳内の録音ボタンを押しただけのような口調で、テンプレのような豊富を披露。「52回目ぐらいの言い方やめて」と朝井からツッコミを受けていた。

リスナーからも“祝電”という形でメールも届き、この番組にしては珍しくたくさんメールを紹介。しかし、朝井が選んだメールだったため、どことなく冷やかし半分なメールばかりだった。

ここまで散々遊ばれ続けた現状を受けて、改めて感想を求められた高橋は、「え、感想とかあるの?」と戸惑いの様子。「いや、お祝いは嬉しいですし・・・」と話し始めると、「“ですし”って、なんでそこからマイナスを繋げようとするんですか」と朝井からツッコミが飛ぶ。

すると高橋は、「だって日にちがオカシイじゃん。9日放送があったんだから、その日にやってもらえれば」と当然の不満を改めて口にした。ここで朝井が、9日の放送で話していた内容が、とんでもない下ネタだったことを思い出すと、高橋はさらに嫌がる様子を見せていた。

スタジオには火薬の匂いがだけが漂っている中、朝井はさらに加速。ここで、ただふざけているだけではないと、朝井から高橋へ誕生日プレゼントが送られたのだが、その中身に、高橋はさらに戸惑うのだった。

朝井:今回、食べ物を差し上げようかなって。

高橋:誕生日に食べ物を?

朝井:ピエール・エルメという南青山にある・・・

高橋:え、怖い、オシャレで怖い。え、朝井さんそんなの買うの?

朝井:ピエール・エルメで買ったプレゼントなんですけど。「なんかキモい鳥のチョコ」です!

高橋:キモっ!!

朝井:すごくないですか?これ。

高橋:普通さ、「なんかキモい鳥のチョコ」です!っていっても、なぁんだ可愛じゃんってなるじゃん。え、なにこれ?

朝井:高さでいうと15cmぐらいありますね。高橋さん、食べてみてお味はいかがですか?

高橋:うん、チョコ。

朝井:でも嬉しいでしょ?一点ものだよ、一点もの。

高橋:なんか普通さ、どんなものもらっても嬉しいって言葉が出るんだけど…あんまり嬉しくない。

朝井:これを絶対あげたかったんですよ、いつ使おうこの鳥って思ってて。

高橋:私をチャレンジの相手に使うのやめてもらっていい?

朝井:こんな感じでお茶を濁すってこともできたんですけど、もう1つ・・・

高橋:あ、そういうことね?

朝井:そりゃもう1つありますよ。ニッポン放送の袋に入っております。

高橋:え…ニッポン放送の袋って時点でイヤなんですけど。

朝井:じゃ~ん!「ヨブンのこと」キャップ~!

高橋:イヤだぁ~~!

朝井:「ヨブンのこと」の番組ロゴが入ったキャップでございます。

高橋:なんだろうね、なんかさぁ。色の感じがなんかさぁ…センスないよね。

朝井:(笑)

高橋:え、これいくらですか?

朝井:いくらだと思います?ヒントは、こういうのって大量に発注すると単価が安くなりますよね。

高橋:これ1コで発注したでしょ?え、1万円?

朝井:正直超えます…1万6千円ですって。

高橋:たっけ!!

無駄に高額なプレゼントに、引きまくる2人。この帽子をどうするのか問題が話し合われたが、かぶるのがイヤだということで「リスナープレゼントにする?」と高橋の提案や、「高橋さんのツアーグッズにしてもらえれば」という朝井の提案などが出るも、ともに却下。この帽子がどうなるのか、誰にも分からないまま締めくくった。

エンディングで、「ふぅ~乗り切った」と口にした朝井は「高橋さんの誕生日で盛り上がれる部分全部使いました。お腹いっぱい楽しませていただきました。」と大満足。

一方で、今回散々おもちゃにされた高橋は、「朝井さん覚えといたほうがいいですよ?」と恨み節を語り、「朝井さんの誕生日は5月だって!リスナーさんよろしくね。もう今からお祝いメッセージ募集してます!」と朝井へ仕返しすべくお祝いメールを呼び掛けていた。

最後に珍しく本の宣伝をした朝井。内容は言わなかったが、価格は税別640円らしい。佐藤健を始め様々な有名人がコメントを書いているのを見た高橋が、「なんで私に頼まないの?」と疑問を呈すると、朝井は「高橋さんって本読めるの?」と超失礼発言。

「ちょっと待って!」と抗議しようとする高橋を、強引に「誕生日おめでとう!」と言って制して番組終了という、最後まで2人らしいやり取りを見せていた。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送『高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと』
放送日:4月23日(日)22時30分~23時
パーソナリティ:高橋みなみ、朝井リョウ
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20170416223000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/yobunnokoto/

Page top