人気声優も絶賛!ラジオ局が作るラジオ

By -  公開:  更新:

ニッポン放送、Cerevo、グッドスマイルカンパニーが共同開発したラジオ『Hint BLE Radio』が、7月20日より先行予約の受け付けを開始した。

このHintは、「カッコいいラジオがほしい」という思いのもと、ニッポン放送の吉田尚記アナウンサーが立ち上げたプロジェクトから生まれたラジオ受信機。昨年よりクラウドファンディングにて支援者を募っていたが、クラウドファンディング終了後も購入したいという声が多く寄せられたことに加え、さらに多くの人に体験してもらいたいという考えから、この度一般発売が決定した。

この完成を記念し、ニッポン放送のイマジンスタジオでは、3社共同による『共同開発新製品“Hint”完成発表会』が行われた。プロジェクトを立ち上げた張本人である吉田自らが司会を担当する中、まず登壇したのは、株式会社Cerevoの代表取締役・岩佐琢磨、株式会社グッドスマイルカンパニーの代表取締役社長・安藝貴範、SF inc.代表でデザイナーのメチクロ。

ちょうど1年前、このメンバーでクラウドファンディング開始したとのことで、当初、量産までの目標金額は1300万円だったが、終了時点の最終金額は約3045万にものぼったという。
1250人もの人が参加し、目標金額を大きく上回る金額が集まったことに対し、共に活動を行ってきた岩佐と安藝は「吉田さんの頑張りは、鬼気迫るものがあった。ラジオを愛する気持ちが一気に伝わりましたね。」と振り返った。

それに対して吉田は、「ラジオのクラウドファンディングやってる人ってほとんどいないので、僕らが成立しなかったら、あいつらのせいでラジオがダメだってことになるってことに気づいたんです。」と語る。ラジオの命運を背負っているという意識が芽生えたことで、吉田の中で一気にエンジンが掛かったのだそうだ。

そうして1年の時を経て完成されたHintの実物が、壇上にてついに公開された。

元々このHintは、当初は3月に発売予定される予定だったとのこと。しかし製作過程でトラブルがあったことや、縦型という一風変わった設計であったこと、ラジオに見えないデザインにしたいといったこだわりなど、様々な事情により発売が遅れてしまったそう。

これまで苦労を重ねてきた4人は、出来上がった完成品を見て、感無量といった表情を浮かべ、岩佐は「若干泣きそう」とコメントした。通常は製作過程でデザインが変化していくものだが、Hintは当初の設計通りのデザインから大きく変わることなく、完成に至ったそうだ。

会見では早速実際に使ってみながら、その性能を自ら体感することに。Hintは360度の無指向性スピーカーを搭載しており、部屋のどこに置いても、自分がどの位置に居ても、ほぼ同じ聴こえ方をするとのこと。元々Hintは“気配”という意味を込めて付けたネーミングであることに触れ、吉田は「部屋に置いて、人の気配を感じられるようにしていただけたら。」と語った。スピーカー以外にも、本体充電機能の搭載やFMアンテナの同梱など、様々な機能やサービスが施されており、人の“声”にこだわったチューニングや、ボタンを押したら即ラジオが起動するなど、ラジオマニアならではのこだわりも詰め込まれている。

さらに、このHintには、クラウドファンディング限定の声優モデルも用意されているとのことで、その開発に携わった、声優の野島健児、中村繪里子、田所あずさの3人が登壇した。いずれも、CM収録やレギュラー番組などでニッポン放送によく来る声優だそうで、ゆかりの深い3人にお願いしたとのこと。

今回用意された声優モデルには、動作ガイド音などに各声優の声が使われており、それぞれの声もここでお披露目された。

野島モデルは、「Hint起動!」と、ロボットアニメに出てくる起動音のような声になっていた。セクシーな大人の声などいろいろなバージョンを録ったそうだが、最終的に気合いの入った声が選ばれたそうだ。

逆にあまりパターンを録らせてもらえなかったという中村バージョンのモデルは、普段のトークとのギャップが見せられる“あざとく可愛い声”を収録。普段名乗っている“ラジオパーソナリティ”の肩書きとは違う、声優としての中村が体感できる仕様になっている。

一方の田所モデルは、打って変わって“方言”を使用。田所の出身地である茨城の方言全開のバージョンが使われていたことに、「もっと可愛い声を!って言われていっぱい収録したのに。」と田所本人も困惑。しかし最終的に“魔が差した”という吉田の判断により、そちらが採用されたのだそうだ。

声優モデルは今からの注文はできないとのことで、クラウドファンディングに出資した人のみに送られる形となっている。

また、ラジオが大好きで、プライベートでも日常的にラジオを聴いているという中村は、Hintの機能についても既に体験したとのこと。最終生産品の直前のバージョンを吉田から借りて、自宅で試してみたそうで、「本当に使いやすくて、何より音がいいです。窓辺に置くというシーンがどうしても多くなるんですけど、無指向性だからベランダで風に当たっているときにも同じように音が届くので、とても快適なラジオライフを送ることができています。」と感想を語った。

さらにこのHintには、ラジオから流れた音声に反応し、近くのスマートフォンにURLを通知する機能も搭載されているそうで、「ラジオがURLを放送する時代になった。」と吉田は語った。詳細については、Hint公式ホームページにて知ることができる。

<Hint公式ホームページ>
http://www.yoppy.tokyo/hintradio/

<製品情報>
メーカー希望小売価格:22,000円(税別)
発売日:9月初旬
予約受付開始:7月20日

Hintの予約受付中のWebサイトは以下の通り。

【Cerevo official store】
http://cerevo.shop-pro.jp/?pid=120442486

【グッドスマイルカンパニー】
Hint フロストシルバー
http://goodsmileshop.com/ja/p/NIP_OTH_JP_00001
Hint ブラック
http://goodsmileshop.com/ja/p/NIP_OTH_JP_00002

【ビックカメラ】
http://www.biccamera.com/bc/c/av/radio_btspeaker/hintradio.jsp
※全国のビックカメラ、コジマ、ソフマップのラジオ取扱店舗でも予約が可能です


Page top