真夏の夜にお薦め怖い本ベスト3

By -  公開:  更新:

【垣花正 あなたとハッピー!9時の聞きどこ】

FM93AM1242ニッポン放送 月~金8:00~11:30「垣花正とあなたとハッピー
お休み続きのゾゾっと劇場の代わりというわけではないのですが、作家・山口恵以子さんオススメの「怖〜い」本をご紹介!

そもそも人間はなぜ怖い話を読んでしまうのか。
山口さん曰く「怖いものをエンターテイメントとして、楽しむ感覚が人間にはあるから」なのだとか!

作家として怖い話は「怖いとわかっている人を、ゾゾっとさせなければいけないので一番難しい」と考えている山口さん。
そんな山口さんがオススメする本はこちらの三作品!

呪われた街

『呪われた街(上)』スティーブン・キング (Amazonより)

①『呪われた街』スティーブン・キング
作家にとって、一生に一度書けるかどうかというレベルの名作だという山口さん!
そのスピード感は、絶叫マシンに乗せられたような感じだとか!

 

悪魔が来りて笛を吹く

『悪魔が来りて笛を吹く』横溝正史 (Amazonより)

②『悪魔が来りて笛を吹く』横溝正史
山口さんは二十代の頃、この夜中に作品を読み朝までトイレに行けなくなったとか!

 

アントン・チェーホフ

『アントン・チェーホフ著作集 28作品合本版』アントン・チェーホフ

③『子守つ子』アントン・チェーホフ
こちらの作品は、非常に短い短編。
眠くて死にそうなのに、一晩中泣きわめく赤ん坊に殺意を覚えてしまうという内容。
「あり得る現実」の怖さが感じられる作品です!
(青空文庫より閲覧できます→ http://www.aozora.gr.jp/cards/001155/files/51365_39698.html

こちらの作品は、せっかくなので那須さんの怖〜い朗読でお届け!!
是非radikoタイムフリーでお聞きください!

番組情報

垣花正あなたとハッピー!

FM93/AM1242ニッポン放送 月~木 8:00~11:30

番組HP

ふつーの男・沖縄県宮古島出身の垣花正がお届けする、ニッポン放送が自信と不安をもってお送りする朝のワイド番組!レギュラー・ゲストとのコンビネーションもバッチリ!今の話題をハッピーにお届けしていきます!

Page top