スキマスイッチが泣ける歌とは?

By -  公開:  更新:

FM93AM1242ニッポン放送のお昼の番組『土屋礼央レオなるど
9/6(水)の放送には、ゲストにスキマスイッチのおふたりが登場。

土屋)面白いことを言わせたら天下一品のスキマスイッチのおふたりです。

大橋)今日のテーマ、泣ける話ですよね!?

そんなやりとりもありつつ、今回は「歌で泣かせる男たち・スキマスイッチが泣ける歌」を教えていただきました。

大橋さんは「ベル/BUMP OF CHICKEN」
常田さんは「桜坂/槇原敬之」

だそう。

土屋)常田くんはどうしてこの曲を選んだの?

常田)上京して初めて歌詞を感じた曲なんですよね。こんな歌詞のようなことは出来てないけど、環境が変わって身に染みたんですよね。

土屋)なるほどね~。ちなみに歌詞を書くときに2人が大切にしていることってなんなの?

大橋)等身大であることですね。

常田)リアリティとかね。

大橋)せっかく今の自分たちが作れる曲っていうのがあるんだから背伸びしないようにしていますね。年を取るごとにかけることが増えている実感がありますし。

土屋)確かに大橋くんの歌詞は改札とか電車とかリアルな感じで出てくるよね。

常田)自分たちの目で見たものを大切にしようっていうのは話していますね。

そんなおふたり。
一時期は仕事の話しかしない、冷めた関係になったこともあったそうですが、今ではなんでも話せるようになったとか。

土屋)じゃあ最近のお互いの好きなところ1個ずつ聞いていい?

そんな土屋礼央のムチャブリにそれぞれの好きのところを教えてくれました。

「2人だけのときとみんなでいるときのアレが違う」
「『いつも野球ができる』をテーマにしていた服装が…」

なんだかほっこりする2人の関係性が気になる方は下のバナーをクリックしてぜひradikoのタイムフリーでチェックしてみてください!

土屋礼央レオなるど
FM93AM1242ニッポン放送 月~木 13:00~16:00

Page top