アンガールズ田中、長く親しまれる“いじられキャラ”のテクニック論

By -  公開:  更新:

15日(金)深夜放送のラジオ番組『三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)』に、“いじられキャラ”として長く愛されているアンガールズ・田中卓志がゲスト出演。『田中!小宮の!いじられHOW TOスペシャル!』と題して、リスナーから「こんなイジられ方をして、どうしていいか分からなかった」というエピソードを募集し、同じく“いじられキャラ”として確立している三四郎の小宮とともに、いじられる側のテクニックを紹介した。

「職場の誕生日会で、先輩から『“バースデー・ラッスンゴレライ”をやれ』と言われて、パーティーメガネを渡されました。急ないじりにめちゃくちゃ照れながら『ラッスンゴレライ ラッスンゴレライーー』と、お笑いコンビ“8.6秒バズーカ”の真似をした結果、ゲロ滑りしました。僕はどうすれば良かったのでしょうか?」というメールを受けて3人でトークを展開した。

田中・小宮:すぐにやったのは偉い

小宮:でも、しょうがないけれど、恥じらっちゃダメなんだよね。不憫な感じになったからゲロ滑りしているわけで、へっちゃらな感じで対応した方が良いと思う

田中:あと、簡単なのが、アンジャッシュ児嶋さんの技術を使って、『ラッスンゴレライ 誕生日おめでと~!』の後に2秒シーンとなって、『おい!!』ってツッコんだり

小宮:なるほど

田中:アンジャッシュ児嶋さんも、いじられニストだから

小宮:勉強になるな

相田:これは凄い(笑)

小宮:でも、僕でも“2秒の間”を作るのは怖いですよ!?

田中:その、2秒の先に“うま味”があるから!なぜかというと、『ラッスンゴレライ~』って真似をしている時に、“ややウケ”している可能性があるんですよ。だから、一度“シーン”って間を作って、すべった事実を皆に分からせる。あえて一回死ぬの

小宮:滑ることは怖いけれど、“捨て滑り”をする、と

田中:滑っても、何倍もの返りがくるからね。大丈夫。だいぶプラスで終わるから。『すごいね~面白いね~』なんて言われて、人気者になっちゃうよ

ムチャぶりに対応できなかったというリスナーに、上手い切り返し方を真面目に紹介し、熱いアドバイスを送った田中と小宮。いじられキャラはおいしい役どころと見られがちだが、田中は「元々ムチャぶりは面白く返すことが難しいもの。そのことを世の中の人に分かってもらわないとね」と本音を漏らし、この後も、いじられる側の立ち回り方について熱弁した。

番組情報

三四郎のオールナイトニッポン

毎週金曜 深夜 1:00 - 3:00

番組HP

大ブレイク中のお笑いコンビ三四郎が金曜深夜に大はしゃぎ!おもしろナイトにカモン!カモン!!みんなでワイワイ騒ごうぜ!
★2月21日(金)の放送は、ゲストにCreepy Nuts・R-指定が生出演。

Page top