岡村隆史、水道橋博士に“殴り込まれた”記憶を大訂正「勝手に自分が刷り込んでた」

By -  公開:  更新:

1月18日(木)深夜放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で、岡村隆史が、これまで自覚していた浅草キッド・水道橋博士にまつわる記憶が大幅に間違っていたことを明かした。

番組冒頭、「人間の記憶なんて本当に曖昧なもんで」と切り出した岡村。「自分ではこうやったと思っても、ずーっと紐解いていくことがないもんですから」と語り、番組はスタート。その理由について、生放送前に出演した水道橋博士のトークショーがきっかけだという。

水道橋博士といえば、たけし軍団に所属することでも知られる人気芸人。バラエティで活躍するほか執筆活動も多数行っており、芸能界の「怪人奇人」を濃厚に描いたノンフィクション作品『藝人春秋2』(上・下)が発売中。

そんな水道橋博士について岡村は、過去に自宅まで“殴り込みされた”と何度も語っていたが、この記憶は間違っていたという。

「このラジオでも散々言うてきたんですけど、水道橋博士が『オールナイトニッポンの木曜日をやって欲しくない』『これは、たけしさん、“殿”の枠』『しかも大阪の芸人になんかやって欲しくない』って言ってきたことがある、と。ニッポン放送にまで直訴しに行って、その後、僕の家に。その時僕、下目黒に住んでいましたので、下目黒まで来て、殴り込まれたって、僕はここ何十年もずーっと思っていたんですよ。

今日、トークショーで色々話していたら、人間の記憶って無茶苦茶やねんなぁ~と思って。『違うよ』『殴り込みになんか行ってないよ』『覚えてないの?』って言われて。『何がですか?』って聞いたら、『電機屋さんに知り合いがいるから、今度一人暮らしをするなら、電化製品が安く買えるよ』って言われて、僕が『あ、ホンマですか?』『じゃあ、お願いします』って言ったらしく。だから博士は、その電化製品の話をするために下目黒に来ただけだった。

下目黒に引っ越してきたときに、洗濯機、テレビ、冷蔵庫、洗濯機の上には乾燥機もついていたかな?全部、実は水道橋博士にお願いしていた。めちゃくちゃええ人。実際、全部安くて、しかも業者の人も来てくれて、ここに入れて、あれ入れて……って全部やってくれた。それも全部、博士がやってくれてん。

僕はトークショーで『すみません、いい人でしたね』って言いましたが、でも(その当時に)話の流れで、博士は絶対言うたんです。『オールナイトニッポンっていうのは、特別な思い入れがあって、殿(ビートたけし)がずっとやっていたから、そこは俺らが絶対にやりたい枠だった。でも、できなかった』『ナインティナインがやるってなった時は、嫉妬もした』っていう話を、たぶんしたのよ。

それが俺の中でずーっと、浅草キッドさんって怖い人やっていう。つなぎ着て、オラオラで喋る人やって、(共演していた番組)浅草橋ヤング洋品店の時からずーっとそう思ってたし。人がなんかボケてるのに対して笑わへん人や、みたいな感じに勝手に刷り込んでいたんですよね、自分の脳が。」

トークショーで水道橋博士と記憶をすり合わせていくうちに、お世話になっていた記憶が蘇ってきたという岡村。過去にナインティナインが発売した書籍『オールナイトニッ本』にも“殴り込みされた”と書いてあったため、それについて、「(改訂版でミスがあったことが話題の)広辞苑やないですけども訂正します。ただただ、博士はいい人でした(笑)」と語り、スタジオの笑いを誘った。

番組情報

ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン

毎週木曜 深夜 1:00 - 3:00

番組HP

毎週木曜深夜1時は岡村さんが生放送でラジオでしゃべっています。トークとコーナーでお楽しみください!

Page top