上白石萌音、しつこくナンパされた過去を告白!?

By -  公開:  更新:

1月19日(金)深夜放送の「上白石萌音 good-night letter」で、パーソナリティの上白石萌音が、街でナンパされた過去と、自身が試したというしつこい男の撃退法を語った。

今回は、この番組唯一のコーナー『ウルトラマンチャレンジ』を展開。これは、この番組の放送時間の短さを逆手に取って、3分間でどれだけのことができるかに挑戦するコーナーで、今回チャレンジする内容は“3分ぴったりトーク”。スタートの合図とともにフリートークを始め、自身が3分経ったと思うところでストップを掛けるというもので、目標の3分にどれだけ近づけるか、体内時計の正確さを測るチャレンジとなっていて、誤差が10秒以内だったらクリアとなる。

早速最初の挑戦で、『冬の素晴らしさ』についてトークをした上白石だったが、話し終えてタイムを見ると、結果は2分40秒と、惜しいところでクリアならず。続く2回目の挑戦では、自身が『ナンパされたときのエピソード』を話した。

「これは、友達にはよく話す話なんですけど、皆さん、特に女性の方、ナンパされますか?私、全然されないんですよ(笑)同級生が二十歳なんで、「ナンパされた」とかよく言ってるんですけど、されないの、私。なんでですかね、ちっちゃいからかな?

でも2回ぐらいナンパもどきみたいなことがあって、1回目は、バス停並んでいるときに、すっごいしつこく、「電話番号教えてください」「電話番号教えてください」って言われたことがあって。そのとき私、ケータイでメールを打ってたんですけど、ケータイを持ちながら「ケータイ持ってません。」って言って撃退して(笑)それはけっこういい手だったなと思ったんですけど、私がよく話す話がもう1コあって。

それは冬だったんですけど、コート着てマスクして歩いてたんですよ。そのときは、考え事しながら歩いてたんですね。お芝居のこととか。

歩いていたら、後ろから男の人から、「お姉さん、お姉さん」って言われたから、あ、ナンパだと思って。私もナンパされる歳になったんだなと思って、めんどくさいなと思いながら歩いてたら、横を歩きながら男の人が私に、「お姉さん、お姉さん、体調悪そうですけど大丈夫ですか?」って言ったんですよ(笑)ナンパじゃないの?と思って(笑)

大丈夫です!大丈夫です!って言って振り払ったんですけど、思わず見ちゃいましたね、鏡を。そしたら、青白い顔してた(笑)だから、ナンパかな?と思ったけど違った。ただただ、体調を案じてくださった、優しい方だった…っていう話です。早く、ナンパをしたいなと思わせるような、つややかな大人の女性になりたいなって思います。」

ナンパされるのは面倒だなと思いつつも、ナンパではなかったことを少し残念そうな声で語った上白石。このトークのタイムは2分50秒となり、ギリギリではあるが見事チャレンジをクリアしたことに喜びの声を挙げた。

そんな上白石は、2018年4月に東京・シアタークリエほかにて行われる、竹中直人と生瀬勝久による演劇ユニット・竹生企画の新作公演『火星の二人』に出演。竹中直人、生瀬勝久、上白石萌音ほか6人が登場する舞台で、4月下旬から6月上旬にかけて、大阪や愛知ほか全国を回って公演を行う。詳しくは、上白石萌音のオフィシャルホームページにてチェックすることができる。

また、この番組はいつも事前収録でお送りしているが、来週・1月26日(金)深夜の放送では上白石の誕生日(日付が変わって1月27日(土)の0時40分)当日ということを記念して、生放送でお送りする。気になる人はぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

Page top