“キャピキャピ感”を出すのに無理が生じてきた若手女性声優とは?

By -  公開:  更新:

2月8日(木)深夜放送の、ニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』(パーソナリティ:ニッポン放送アナウンサー吉田尚記)に、若手女性声優の相坂優歌が出演し、声優という仕事の中で、自分の中に違和感を感じていることについて語った。

吉田:相坂さんは若手女性声優らしく、キャピキャピ路線でいこうと思えば、いくらでもいけると思うんですよ。でも、仕事ではキャピキャピ感をひねり出していて、普段は違うんですよね。

相坂:いやでも、声優なので役によってはキャピキャピ感をひねり出さなければいけない場面もあるじゃないですか。

吉田:そうですね。

相坂:甲高い声を出して「みんなの妹だぞー!」みたいな役も、もちろんあるじゃないですか。

吉田:今、「みんなの妹だぞー!」って言ったのも、既にちょっと抵抗がある(笑)

相坂:そんなことない!全然抵抗は無いんです!

吉田:何があるんですか?

相坂:抵抗は無いけど、無理は生じてる(笑)

吉田:あはははは(笑)

相坂:でも頑張ってる私は!お仕事だからそれが!それに楽しいし、その瞬間は!

吉田:ただ、相坂さんがプライベートで好きなアーティストってどなたでしたっけ?

相坂:クリープハイプの尾崎世界観さんでございます。

吉田:クリープハイプは、幸せの香りを運んでくるようなアーティストでは決してないです。

相坂:そうですよね。日常の中の憂鬱だったりとか、そういった物を上手に表現される方だなと思いますね。大好きです。

吉田:そこに相坂さんがシンクロされているんですよね。

相坂:まあそうですね。シンクロなのかなんなのか分からないですけど、とにかく心揺さぶられる物は非常に沢山ありますね。

吉田:自分では鬱陶しいところが出ない様にしてますよね(笑)

相坂:そうですね。特に仕事においてはちゃんとしなきゃなって、良い大人ですしね(笑)

もはやアイドル的な扱いをされることも多い女性声優という職業だが、キャピキャピ感を出して振る舞うのに、自分の中で無理が生じていると話す相坂。声優界のカウンターカルチャーとなるのか、そんな相坂優歌にこれからも注目だ。


Page top