「占い」の結果に、思わずツッコミ!?

By -  公開:  更新:

2月8日(木)、Webラジオ「コトブキツカサのオールナイトニッポンi」第28回が配信され、自身がMCを務めるインターネット放送局「占いTV」について語った。

「占いTV」は昨年7月からスタートしたインターネット放送局。コトブキは、毎週月曜から土曜に配信されている「ピタットTV」の火曜MCを担当している。「ピタットTV」は午後5時から午後11時まで6時間にわたる長時間放送。各曜日のMCは芸人と占い師という組み合わせで担当。占いを絡めた企画を中心にしつつも、バラエティ番組に近いノリで放送を行っている。

元・芸人で現在は映画パーソナリティとして活動するコトブキは、進行はもちろん番組内の映画コーナーも担当。毎週ピックアップした1本を役者、映画関係者を招きながら1本だけで30分近く特集するとい うウェブ番組だからこそ実現できる濃厚さで紹介している。

「普段、大人数が集まる場所にはなかなか参加しないんですが…」というコトブキだったが、昨年末に全曜日の出演者やスタッフが4~50名が集まって行われた番組忘年会には参加。初めて会う占い師や、別曜日のMCとの会話を楽しんでいたが、ちょっとしたハプニングもあったと振り返る。

「ピタットTV」には、以前「エンタの神様」等に出演し、現在は、占いなども行う“サイキック芸人”として活動するキックも出演中。コトブキも実際に会うのは初めてだったが、座った場所が近かったことから談笑していたという。しばらくするとそこに番組プロデューサーが登場。

このプロデューサーは、気さくで明るく「昔ながらの業界人」というノ リを持つ人物で、楽しく場を盛り上げながら過ごしていたという。しかし、キックに対しては、若干“イジり方”が強めで、時には「今後、仕事どうするんですか?」など、シリアスに追い込む場面も。

キック本人もしばらくは苦笑いで受け流す様子だったが、あまりに集中的なイジりが長い事から、「プロデューサーさん、ちょっと待ってください。あなたの生年月日教えてください!」と食って掛かったという。

若干ピリついたムードの中、“サイキック芸人”が、どんな占いを行うのか注目が集まる中、プロデューサーが生年月日を伝えると、それを聞いたキックは即座に「なんだ!年下じゃないか!」と絶叫。コトブキは「そこは占いではなく、年齢でキレるのか!」とツッコまざるを得なかった と振り返った。

また、番組内では、昨年のクリスマス特番の裏話や正月特番で起きた中継トラブルについても語られている。

Webラジオ「コトブキツカサのオールナイトニッポンi(第28回)」は、期間限定で無料で聞くことが出来る。

番組概要

【タイトル】コトブキツカサのオールナイトニッポンi
【パーソナリティ】コトブキツカサ
【メール】 kotobuki@allnightnippon.com
【ハガキ】〒100-8439 ニッポン放送 『コトブキツカサのオールナイトニッポンi』係
【配信日】毎週木曜日
【第28回URL】https://i.allnightnippon.com/p/e_anni_kotobuki_028


Page top