メガネをかけると名前と人格が変わる!?

By -  公開:  更新:

3月13日(火)深夜放送の、ニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』(パーソナリティ:ニッポン放送アナウンサー吉田尚記、火曜日レギュラーアシスタント:田所あずさ)に、シンガーソングライターの大石昌良が出演し、カタカナ表記での活動名義『オーイシマサヨシ』との違いを語った。

2017年に社会現象を巻き起こしたTVアニメ・けものフレンズのテーマソング『ようこそジャパリパークへ』を作曲したことでも知られる大石だが、その際に使用した名前・オーイシマサヨシはアニソンシンガーとしての名前であり、弾き語りアーティストとしての活動の時には、漢字表記の大石昌良と使い分けているそうだ。放送の中では、さらに細かく2つの名前の使い分け方について語られた。

吉田:大石さん、今日はメガネかけてないんですね。

大石:今日は弾き語りアーティストの方なんで、アニソン界のおしゃべりクソメガネじゃないんですよ。

吉田:え?そういう分け方なの?

大石:そういう分け方なんですよ。

吉田:弾き語りアーティストの時は何が違うんですか?

大石:弾き語りの時は、メガネをかけてなくて、なおかつ漢字の”大石昌良”なんです。

吉田:そういえば。

大石:ちなみになんですけど、別人格って設定です。

田所:ええ〜!!

吉田:設定って言っちゃうんですね(笑)

大石:ああ、そっか(笑)。

吉田:別の人なんだ。

大石:別の人です!

吉田:オーイシマサヨシの時にはすごい喋るけど、もしかして口数とかにも差があるの?

大石:多少あります。

吉田:あるの!?

大石:漢字の方の”大石昌良”はSound Scheduleっていうバンドのヴォーカル・ギターもやっているので、ちょっとアーティストづらします。

吉田:待ってください、僕、Sound Scheduleのこと10年前から知ってますけど、わりとペラペラ喋ってましたよ(笑)

大石:あはははは(笑)。でもまあ多少、音楽やってる人なんだよアピールはあるかもしれないです。

メガネをかけるかかけないかで、アニソンをやるか、J-POPをやるかを使い分けているという大石。2人の人格を持つという珍しいアーティスト、大石昌良とオーイシマサヨシに、これからも注目だ。

Page top