小説家・朝井リョウが語る“ラジオパーソナリティ”への特別な思い

By -  公開:  更新:

3月25日(日)夜放送のニッポン放送「高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと」で、パーソナリティの朝井リョウが、4月から新たなパーソナリティを迎えて放送するラジオ番組『オールナイトニッポン0(ZERO)』のラインナップについて、独自の感想を語った。

現在ニッポン放送にて月曜日~金曜日の深夜3時から放送している、ネクストブレイクが期待されるパーソナリティを起用した『オールナイトニッポン0(ZERO)』。4月2日(月)から新たなパーソナリティを起用することが決定したとのことで、先日そのラインナップが発表されたが、ラジオ好きな朝井は早速その情報をキャッチしたという。

朝井が特に注目したパーソナリティは2組で、1組目は月曜日を担当する劇作家・根本宗子とモデル・長井短のペア。根本宗子は、元AKBのメンバーに非常に人気が高く渡辺麻友や前田敦子らと対談しているとのことで、朝井も「根本さんの舞台、めっちゃ面白いの!喋りもすっごい面白いんです!」と大絶賛。長井短もトークが面白いそうで、2人がタッグを組んで番組をスタートさせることに多大なる期待を寄せた。

もう1組は、火曜日のパーソナリティを担当する、音楽ユニット・CreepyNuts。CreepyNutsについても朝井がかねてより大好きな人たちということで、思わず「嬉しい~!」「楽しみ~!」と叫ぶほどにこの度の就任を喜んだ。CreepyNutsのDJ松永と朝井はプライベートでも交流があり、ちょうどこの前日、オードリーの若林正恭を含めた3人で会っていたそうだが、その際に今回のパーソナリティ就任の話も出たのだという。

朝井:私2年ぐらい前に『オールナイトニッポン0(ZERO)』のパーソナリティをやらせてもらってたんだけど。

高橋:そうですよね。

朝井:当時も『オールライブニッポン』ってあったんですよ。オールナイトニッポンやってるパーソナリティが一堂に会して行うイベントなんだけど。

高橋:はいはいはい。

朝井:私、加藤千恵さんという小説家・歌人の方と2人で(パーソナリティを)やってたんですけど、皆さんと大きく違うのが、私と加藤さんは基本裏方の仕事をする人間だから、みんなでやるイベントってなったときに、できることがないの。

高橋:ほ~。

朝井:人前に出て何かができるわけじゃないから、そのイベントに何で参加したかっていうと、そのイベントの題字を私と加藤さんが書くっていう(笑)っていうやり方でしか、参加できなかったんですよ。

高橋:え~~っ!

朝井:昨日(朝井・若林・松永の)3人で飲んでて、本当に良かったねって話になって。CreepyNutsは音楽があるし若林さんは漫才があるから、この2人はオールライブニッポンファミリーとして、イベントがあったときは正式に出るんだって考えたら、すごい嫉妬しちゃって!

高橋:なんでそこ嫉妬になっちゃうの(笑)

朝井:すごい嫉妬しちゃって。目の前に2人がいて、羨ましい~~!!と思って(笑)一瞬死にそうになったの。

高橋:あはは!せっかくの楽しい会なのに、なんで死にそうになってんの?(笑)

朝井:すっごい楽しかったんだけど、うわ~~!!ってなったの一瞬。で、水曜日は乃木坂46の新内眞衣さんがそのまま残って、金曜日も三四郎さんがそのまま残って。

高橋:なるほど、はい。

朝井:木曜日が、(新パーソナリティの)四千頭身さん。3人組のお笑い芸人さんですよね。

高橋:へぇ~。

朝井:ということで、これみんな舞台で何かが出来る人たちなんだね。

高橋:確かにそうだね、ほんとだ。

朝井:そうなんですよ、それはすごい考えた。私ラジオすごい好きなんだけど、小説家は本来ラジオをやるべきではないって思ってるところもあるんですね、私は。

高橋:あ~そうなんだ。

朝井:やっぱり作品を書く人間なんだったら、自分のことをべらべら話したりすべきじゃないって思いつつ、でもラジオの中の人たちが好きで、その人たちの仲間でありたいって思いがあるから出ちゃうんですね。

高橋:いやいや、いいじゃないですか。

朝井:っていうせめぎ合い。せめぎ合い!

高橋:いや、なんで2回言うたんや(笑)

舞台で活躍できる周りの人たちを羨ましいと思いながらも、ラジオに出ることはやめられないと語る朝井。高橋から「じゃあステージでダンス踊ろうよ。2人で踊る?」と勧められたが、朝井は「いや、もうちょっと考えよう。」とお茶を濁していた。

Page top