三代目JSB山下健二郎、『ZIP!』初回放送の前夜を語る「眠れなくて…」

By -  公開:  更新:

4月6日(金)放送のラジオ番組「三代目J Soul Brothers山下健二郎のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、パーソナリティの山下健二郎が、4月3日(火)に日本テレビ系情報番組『ZIP!』の火曜メインパーソナリティに就任し、初出演した感想を語った。

これまで7年間、『ZIP!』火曜日のメインパーソナリティを務めてきたEXILE/PKCZ®のMAKIDAIが3月いっぱいで卒業し、この4月からは山下がその役割を引き継いでいる。ラジオで山下は、「ついに始まりました、ZIP!」と切り出すと、生放送を終えた感想として「まあまあ、いい感じだったんじゃないでしょうか」と自己評価。

初回から台本には書かれていなかった情報が入ったり、サプライズとして三代目J Soul BrothersのリーダーNAOTOによるネクタイのセレクトや、メンバーからのコメントもあったりしたが、動揺せずにコメントを返せたという。「これは全てオールナイトニッポンのおかげかな、と思っています。やっぱり生放送をやっているだけあって、ハートがちょっと強くなったと思っています」と、この春で4年目に突入したラジオ番組での経験がテレビでも活きたと話したが、ZIP!の初回放送前夜はすぐには眠れなかったという。

「夜ご飯を食べて、1時くらいにベッドに入ったけれど眠れなくて、月曜日の山口さん(月・水曜日メインパーソナリティのTOKIO 山口達也)の録画を見ながら、明日の自分の台本見て、一人リハをしました。最終山下チェックをして、自分の台本見ながら『山口さんは、こうしているんだな~』っていうのを勉強しながら見させてもらいました。

1時間ぐらい寝て、朝の3時に起きて日テレに行って、ヘアメイクして衣装を着て。ご飯はお腹が痛くなったら嫌なので、朝ごはんは食べずに迎えました。4時40分か、50分ぐらいにマキさん(MAKIDAI)からLINEで『初回ですが、健二郎らしいZIP!を頑張ってください』という激励の言葉をいただいて。それを見てちょっとリラックスができたし、マキさんがこんな時間に起きて連絡をくれて、めっちゃ嬉しいなって感動しながら初回を迎えました。」

この後もZIP!トークは止まらず、総合司会を務める桝太一アナウンサーや、番組スタッフの仕事の様子も語り、「やりやすい環境でやらせてもらっているから、無事に初回を終えられました。もっと良い朝をお届けできたらいいなと思っています」と感謝を述べた。

また、ZIP!月曜日の番組終わりにTOKIOの山口が「健二郎!!」と呼び掛けたことについて、「最後、健二郎って言ってくれてメチャメチャ嬉しかった。だって、 TOKIO の山口さんですよ?めっちゃ感動した」と喜び、初回は話しきれないほどのエピソードが詰まった、思い出深い回になったようだった。

Page top