若手注目バンド・魔法少女になり隊「ギャルは世界平和に必要」

By -  公開:  更新:

7月4日(水)深夜放送の、ニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』(パーソナリティ:ニッポン放送アナウンサー吉田尚記、水曜日1ヶ月限定アシスタント:夢みるアドレセンス・荻野可鈴)に、ラウドでポップでファンタジーなRPG系バンド・魔法少女になり隊の火寺バジル(Vo.)とgari(VJ&Vo.)が出演し、火寺がギャルと友達になりたいと訴えた。

2014年1月に火寺が喋られなくなる呪い(歌うことはできる)をかけられたため、歌という魔法を使って”バンド形式によるライブ活動”という冒険を行っている魔法少女になり隊。その冒険の中で火寺は最近、ギャルと友達になりたいと思っているそうだ。

吉田尚記アナ:火寺さんは呪いで喋れないので“筆談”でということなんですけど、最近火寺さんはギャルと友達になりたいそうですね。

火寺バジル(筆談):(ギャルって優しいし、友達になりたい)

荻野可鈴:うーん……、たしかに。

火寺:(世界平和のためにギャルが必要)

gari:なるほどわからん!

吉田:荻野さんはギャルの友達いますか?

荻野;友達にはいないんですけど、でもギャルってすごい友情が深いイメージ。

gari:たしかに曲がったことが嫌いだったり、自分の信念を突き通すイメージはありますね。

荻野:ギャルは競歩の大会とかでも置いていかないタイプだと思います(笑)

吉田:そうでしょうねきっとね(笑)

火寺:(悩みとかもポジティブにしてくれるし、曲がった事も嫌いなところが格好いい)

吉田:その魅力に、火寺さんはいつどこで気付いたんですか?

火寺:(バンド仲間とその話をしていて。あと憧れみたいなところもある)

吉田:なるほど、そういう理由でギャルブーム中。

火寺:(ギャルのことを考えると元気が出る)

最近ギャルの魅力に気付き、ギャルが世界平和に必要だと訴えた火寺。この話に最初は意味が分からないと反応していたgariも理由を聞いて納得したようで「俺もギャルになろうかな」と妙な影響を受けていた。

番組情報

ミューコミプラス

毎週月曜〜木曜 24:00 - 24:58

番組HP

音楽、漫画、アニメなどのポップカルチャーをいち早くお届けするラジオ!「ミューコミプラス」
★2月17日(月)〜2月20日(木)は、リスナーからのアイデアを元に5分間のアイドル番組を作成し対決する特別企画『‪まだ存在しないアイドル番組‬決定戦!』を開催。
17日(月):ZOC(ゾック)の香椎かてぃと寺嶋由芙
18日(火):GANG PARADEのユイ・ガ・ドクソン‬とB.O.L.Tの‪内藤るな
19日(水):アップアップガールズ(2)の‪鍛治島彩と‪フィロソフィーのダンス‬の十束おとは
20日(木):‪たこやきレインボーの根岸可蓮と‬‪吉川友‬

Page top