ハマ・オカモト、友人Creepy Nutsとの出会いを語る

By -  公開:  更新:

10月16日(火)、ラッパー・R-指定とターンテーブリスト・DJ松永による音楽ユニット・Creepy Nuts(クリーピーナッツ)がパーソナリティを務めるラジオ番組「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週火曜27時~)に、ベーシストのハマ・オカモト(OKAMOTO’S)がゲスト出演した。

Creepy Nuts(R-指定・DJ松永)、ハマ・オカモト

ハマ・オカモトとCreepy Nutsは、ライブシーンや音楽番組で繋がりがある親しい間柄で、最近の「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」では何度もハマの話題があがっていた。ところが、同番組とリスナーが、ハマをいじり倒していたことから、ハマがツイッターでDJ松永に「覚悟しとけよ(笑)」といったメッセージをあげていた。こういった経緯から、オープニング10分も経たないうちにDJ松永が代表して「すんませんでしたぁ!!(笑)」と、これまでのいじりについて謝罪する場面も。

そんなイタズラが過ぎる友人にハマが小言を言う場面もあったが、会話の中で、実はハマはCreepy Nutsが今のように活躍する前から注目し、彼らを番組で取り上げるなど、2人にとって“大切な恩人”であることが分かった。

R-指定:我々とハマ君との出会いは――

DJ松永:「FULL CHORUS ~音楽は、フルコーラス~」(BSスカパー!)かな?

ハマ:そうそう、そうだよ

DJ松永:ハマ君がMCを務めている番組に出演させてくれて。その時にハマ君と初めて会ったんだよね

ハマ:その前に、俺が(Creepy Nutsの)『みんなちがって、みんないい。』っていう曲をラジオで流して。でも、“いいなぁ”と思って流したんだけど、周りは“この曲は流しにくい”っていう話があって――

DJ松永:ああー、流してくれたね! 俺らが初めて出したミニアルバム『たりないふたり』は、ラジオ局に“曲をかけてください”ってプロモーションをかけてもらったんだけど、ことごとく断られて。リード曲もことごとく断られて! その中で(ハマの番組だけは)かけてくれた

ハマ:初めて会ったのは3、4年前?

R-指定:いや、2年前

ハマ:まだ2年しか経ってないんだ

DJ松永:それからOKAMOTO'Sのツアーに出させてもらって……よく考えたら凄いね

R-指定:総セッションさせていただいて。本当に、3年前はかけてもらえなかった曲をかけてくれて、ライブにも呼んでいただいて。本来は感謝しかないハマ君を我々は……

ハマ:だから(この扱いには)結構びっくり。R君とは一緒に「スペシャのヨルジュウ」(SPACE SHOWER TV)っていう番組で一緒にMCもしているのに……

R-指定:ハマ君と「スペシャのヨルジュウ」っていう番組で熱海の方までロケに行ったんだけど、収録中、優しくフォローをしてくれていたのに、その収録終わりに一番ハマ君を(ラジオの中で)いじった

ハマ:本当にヒドいよねー

DJ松永:恩を仇で返されると思っていなかった?

R-指定:ハマくんと松永さんは一緒にバンドもやっているしね

ハマ:だから、ビックリなんだっつーの!!(笑)

Creepy Nutsやリスナーから残念な扱いばかりされてきたハマだが、彼らの音楽性について「これは真面目な話で、(Creepy Nutsは)クラブじゃなくてライブハウスでライブをやるじゃない? そういうシーンにもちゃんと音楽を届けたい、訴えかけていきたいっていう心情は、かっこいいなと思っています」と評価、3人のアーティストとしての信頼関係が垣間見えた。

また番組では、「ハマ・オカモトと2018年のミュージックシーンをぶった斬りSP!」と題して、ライブチケットの転売問題や、バンドシーンの流行について語ったほか、ハマに音楽のアドバイスしてもらいたいという自称“ベーシストリスナー”からの音源も紹介。しかし、DJ松永が「自由に送って」と募集をかけていたせいで、楽器のベースを使った音源はほとんど届かず、自分たちの声で奏でたベース音ばかりが紹介され、これを1つ1つハマが評価させられていた。

番組情報

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)

毎週火曜日 深夜3:00-4:30

番組HP

火曜日のオールナイトニッポン0(ZERO)は、1MC・1DJユニット「Creepy Nuts」が担当!MCバトル日本一3連覇のラッパー”R-指定”とDJバトル世界一の超絶プレイターンテーブリスト”DJ松永”の二人によるHIP-HOPラジオ!

Page top