敦士、友人からの激励を受け自身の甘さを反省

By -  公開:  更新:

俳優・モデルとして活躍する敦士がパーソナリティを務めるインターネットラジオ『敦士のオールナイトニッポンi』第60回が配信され、敦士が、学生時代からの同級生・久世良輔と電話を繋ぎ、同じ学校に通っていた頃の昔話や、友達同士だからこそ言える本音などを語り合った。

今回の放送では、冒頭敦士が話し始めるとほぼ同時にスタジオの電話が鳴り響くという、サプライズな展開が。何も知らされていなかった敦士が恐る恐る受話器を取ると、電話越しに敦士の同級生である久世の声が聞こえてきた。

久世は、DJとして岐阜でテレビやラジオに多く出演しており、またアマチュアバンド・トライオンのメンバーとしても活動している。敦士とは高校時代からの付き合いということで、昔の思い出や地元の様子などについて話して盛り上がった。そして話が進むと、次第に友人だからこそ言える、久世から敦士への“愛のあるダメ出し”も語られた。

久世:こっちにいると敦士のこともいろいろ聞かれるのよ。「敦士君の同級生なんですか?」とか。それが大変なのよ

敦士:何が?

久世:敦士って、「モデルの」とか「めちゃイケの」とか「俳優の」とかどれだって言えないんだよね。その辺ね、“敦士=○○”みたいなのを、早く作ってほしいね

敦士:そうね~(笑)いろんなドラマにもいろんな番組にも出させてもらってますけど、これっていうのがね~

久世:「敦士って、あの○○役の!?」って言われる日が、早くくるようにね

敦士:ほんとにそうだよね。俺やっぱりめちゃイケ終わって、いろいろ考えるようになったんだよね。岐阜を出て東京来てから、20年ぐらい経ってて。もう子供もいるし、カッコいいお父さんでいるためにも頑張らなきゃいけないなぁと思っているんだけど。この20年振り返ったら、自分では何も出来てないなぁっていうところに落ち着くんだよね。恵まれているっていうのも、それも運かもしれないけど。今度は、自分が今まで培ってきたもので、お返しをしていかなければいけないなっていう

久世:うん

敦士:(お返しをしたいのは)まずは、やっぱり地元なんだよね

久世:やっぱりみんな(敦士の活動を)見てるからね

敦士:やっぱり一番見てくれてるし、応援してくれてるし。だからここは1つ、頑張らないとなぁって思う

普段はこういった話をしないが、なかなかない機会ということで、この場を借りて友人として敦士を激励した久世。その後も様々な話で盛り上がり、番組が終わるまで約の20分間、2人の会話は続いた。

このエピソードの全貌は、『敦士のオールナイトニッポン』第60回で聴くことが出来る。

番組概要

番組名:敦士のオールナイトニッポンi
パーソナリティ:敦士
第60回(9月19日配信)URL:https://i.allnightnippon.com/p/e_anni_atsushi_060

Page top