M-1ファイナリスト、アイドル、ヒップホップMCらが日比谷公園に集結!平成最後の熱狂ステージを披露

By -  公開:  更新:

4月27日(土)、お笑いコンビトム・ブラウン、アイドルグループ OBP、ラッパー motsuがラジオ番組『ミューコミプラス』のスペシャルステージに集結し、熱いパフォーマンスを繰り広げた。

この日から2日間にわたり東京都千代田区の日比谷公園にて開催されるイベント『ニッポン放送 ラジオパーク in 日比谷 2019』は、ニッポン放送による“ラジオのテーマパーク”で、日比谷公園の広い敷地の中に、パーソナリティを体験できるブースやスペシャルステージなどの楽しめるスペースを多数展開。ニッポン放送で毎週月~木曜日24時から放送しているラジオ番組『ミューコミプラス』による『ミューコミプラス スペシャルステージ』には多くのリスナーが詰めかけた。

パーソナリティの吉田尚記アナウンサー・を中心に、常に最先端のサブカルチャーを取り上げ続けている『ミューコミプラス』。会場に集まったリスナーがサブカルのノリに付いてこられるか心配していた吉田だったが、普段から番組を聴いているリスナーが多く集まっていたようで、受け入れ体制がバッチリ整った状態でステージが始まった。

このステージでは、普段番組で話題となっているアイドルやアーティスト、芸人らがライブパフォーマンスを展開。まず登場したのは、アイドルグループ・OBP。“オキナワ美少女プロジェクト”の略称であるOBPは総勢19人のグループで、普段は沖縄で活動しており、上京するメンバーが増えたことから東京でも活動を開始。5月25日は渋谷WWWで1stワンマンライブを行うことが決定している。会場から手拍子が起こる中、『Progress』『Song Yell』の2曲を披露したOBPは、「普段ライブハウスで活動していて、野外はなかなかないので楽しかったです」と感想を語った。

続いて登場したのは、ヒップホップMCとして活動中の元m.o.v.e のメンバー・motsu。「90年代に帰ろう!」と会場に呼び掛けたmotsuは、m.o.v.eのヒットナンバー『Gamble Rumble』で会場を盛り上げた。最近YouTuberとしての活動を始め、ラップや音楽を作って動画として投稿しているというmotsu。ただ、現在1700人ほどしかチャンネル登録者がいないことを明かし、会場に集まったリスナーに登録をお願いする場面もあった。

最後は、昨年『M-1グランプリ2018』で決勝に進出し、ツッコミの布川ひろきが、ボケのみちおの頭を掴んで叫ぶフレーズ「ダメ~!」などで大きな話題を集めた、お笑いコンビ・トムブラウン。トム・ブラウンは、『ミューコミプラス』がM-1以前から注目していた芸人で、放送の中でも準レギュラーのような扱いで頻繁に登場している。ステージでは、M-1でも見せた人気の漫才を披露した。さらに、その後の吉田とのトークでは、前のステージのmotsuのステップが魅力的だったこと受け、「今までどんな芸人のあとに出演してもやりにくいとは思わなかったけど、motsuさんの後はもうやりたくない」と話し、笑いを誘った。

3組のステージが終わると全員が登場し、『Gamble Rumble』を踊って大盛り上がり。曲の中では、トム・ブラウンのフレーズ「ダメ~!」を2人1組で行う場面もあり、motsuの綺麗にセットされた髪を、吉田が恐縮しながら掴む一幕もあった。最後は、会場に集まったリスナーとともに「3!2!1!令和!」とカウントダウンして締めくくった。

このほかにも楽しいステージが行われた『ニッポン放送 ラジオパーク in 日比谷 2019』は、明日28日(日)も日比谷公園にて行われる。

『ニッポン放送 ラジオパーク in 日比谷 2019』ラジオパーク公式サイト:https://www.1242.com/radiopark/

番組情報

ミューコミプラス

毎週月曜〜木曜 24:00 - 24:53

番組HP

音楽、漫画、アニメなどのポップカルチャーをいち早くお届けするラジオ!「ミューコミプラス」

Page top