M-1決勝出場芸人トム・ブラウン、2019年上半期で1番笑った「ラッパーとの共演」を語る

By -  公開:  更新:

8月5日(月)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月−木24時~)に、お笑いコンビのトム・ブラウンの布川ひろきとみちおが出演し、今年4月のイベントで大いに盛り上がったラッパーのmotsuとの共演について振り返った。

『ミューコミプラス』では、8月5日(月)から8月8日(木)までの4日間、普段はメインパーソナリティを務める吉田尚記アナウンサーが夏休みのため、日替わりパーソナリティがピンチヒッターを務める。初日は2018年のM-1グランプリで決勝に進出したトム・ブラウンの布川ひろき、みちおの2人が担当した。

以前から番組に度々出演しており、“準レギュラー”とも言われているトム・ブラウン。4月に開催されたニッポン放送主催の野外イベント『ラジオパーク in 日比谷2019』のミューコミプラススペシャルステージでは、劇場版アニメ『頭文字D』のオープニングテーマ『Gamble Rumble』を歌うラッパーのmotsuと共演し、会場を盛り上げた。

『Gamble Rumble』は、かつてmotsu が所属していた音楽ユニットのm.o.v.e が2001年にリリースした楽曲で、メインボーカルをメンバーのyuriが務め、motsu は歌の合間のラップを担当していた。しかし、4月のイベントのステージではボーカル不在で、motsuのラップのみが披露されたため、その光景が非常にシュールで面白く、トム・ブラウンの2人にとって強く印象に残っているという。

布川:『ラジオパーク in 日比谷2019』めちゃくちゃ面白かったよね。ラッパーのmotsuさんが『Gamble Rumble』を歌うんですけど

みちお:「チェケラッカモーン!」って言うところがあるんだよね

布川:そこのmotsuさんが歌うってところ以外は、ただBGMを流してるだけで、motsuさんのパートが来たらそこだけ歌うっていう

みちお:歌ってないときは、ただ踊ってるだけだったよね(笑)

布川:あれめちゃくちゃ面白かったですよ。俺、多分2019年の上半期で1番笑ったと思う。これどういうこと!? って

現在、テレビやラジオなど様々なメディアで活躍するトム・ブラウンだが、上半期で1番笑ったのはそのステージだったという。よく知られているヒットナンバーだからこそ、予想外のパフォーマンスに思わず笑ってしまったようだ。また、最後にはmotsuの提案により、出演者でトム・ブラウンの持ちネタの「ダメー!」をコラボして、さらに盛り上がったことも明かした。

番組情報

ミューコミプラス

毎週月曜〜木曜 24:00 - 24:53

番組HP

音楽、漫画、アニメなどのポップカルチャーをいち早くお届けするラジオ!「ミューコミプラス」
★9月7日(月)〜10日(木)のミューコミプラスは、「バンドリ リアルバンド大集合スペシャル!」と題して、『BanG Dream!(バンドリ!)』のリアルバンドPoppin’ Party、Roselia、RAISE A SUILEN、Morfonica のメンバーが日替わりで登場します。

Page top