斉藤優里 舞台『脳内ポイズンベリー』出演決定! 水城せとな原作の大人気コミック待望の舞台化

By -  公開:  更新:

水城せとなによる漫画「脳内ポイズンベリー」待望の舞台化に、元乃木坂46・斉藤優里の出演が決定した。

原作は、2010年から2015年まで連載され、集英社クイーンズコミックスからコミックス化されている。一人の人間の頭の中で擬人化された5つの思考が “脳内会議”を繰り広げるというラブコメディで、そのユニークな着想は大きな共感を呼んで読者の心を鷲掴みにし、2015年には佐藤祐市が監督を務めて映画化され、好評を得た本作が初の舞台化。斉藤優里は持ち前の愛くるしさ、明るさが存分に発揮される<瞬間の感情>を担当するハトコ役での出演となる。

演出は、映画化の際もメガホンをとり、これまでに映画「ストロベリーナイト」や「ういらぶ。」を手掛けた佐藤祐市が、初めて舞台作品の演出を務める。

【斉藤優里コメント】

台本を頂いた時にそれぞれの役がとても個性があり魅力的で可愛く、演じるのが楽しみだなと思いました。緊張はしますが、ハトコ役をたくさんの方に見てもらえるように頑張りたいです。自分なりに精一杯頑張らせて頂きますのでたくさんの方に劇場に遊びにきてもらいたいです。よろしくお願いします。

様々なジャンルで活躍するスターたちが集結

主演は、“脳内会議”の議長、吉田役を演じる市原隼人。ストイックな役づくりと芯のある存在感で、作品に奥行きを与えるであろう。そして、現実世界を生きる人間で、脳内の5つの思考が擬人化されて現れる、いちこは、チャーミングさと透明感ある居住まいの蓮佛美沙子が演じる。いちこの脳内の<ネガティブ思考>、池田役は早霧せいな。元宝塚男役トップスターで凛とした佇まいの早霧が、恋に期待しないクールなキャラを演じる。脳内の<記憶>であり脳内会議の書記、岸を演じるのは、舞台作品でも精力的に活動しているグァンス(SUPERNOVA)。精悍な佇まいと知的な面差しで冷静な書記が体現されるだろう。脳内の<ポジティブ思考>石橋は、弾けるような明るさを湛える本高克樹(7MEN侍/ジャニーズJr.)がフレッシュに演じる。そしてハトコを、乃木坂46を卒業後もTV、舞台とジャンルを問わず活躍する斉藤優里が務める。

【公演概要】

■公演名:舞台『脳内ポイズンベリー』
■原作:水城せとな(集英社クイーンズコミックス)
■脚本:新井友香・今奈良孝行
■演出:佐藤祐市(共同テレビジョン)
■出演:市原隼人 蓮佛美沙子
■早霧せいな グァンス(SUPERNOVA) 本高克樹(7 MEN 侍/ジャニーズJr.) 斉藤優里 ほか
■会場:新国立劇場 中劇場
■日程:2020年3月14日(土)~29 日(日)

■主催・企画・製作:フジテレビジョン

●舞台『脳内ポイズンベリー』公式HP
https://www.nounai-poison-berry.jp/

Page top