ニッポン放送『大滝詠一フォーエバー』 12月30日(月)11時~12時 放送

By -  公開:  更新:

大滝詠一、2013年(平成25年)12月30日逝去。今もなお、音楽シーンに多大な影響をあたえつづける比類なき存在…… 七回忌となる令和元年の12月30日に、改めて大滝詠一というアーティストの素顔に迫るスペシャルプログラム。

大滝詠一

1970年に「はっぴいえんど」のボーカル、ギターとしてデビュー。

1973年に「はっぴいえんど」を解散、その後、自身のレーベル“Niagara”を創設し主宰。

山下達郎や大貫妙子らの「シュガーベイブ」を世に送り出し、自らも『Niagara Triangle Vol.1』『Niagara Triangle Vol.2』などにより、“ナイアガラ・フリーク”と称される強力なファンでコレクターたちを生み出した。

1981年に発表した『A LONG VACATION』、そして『Niagara Triangle』、『EACH TIME』といったアルバムは、音楽界に金字塔をうち立て、現在の J-POPの礎を築いた。

また、多くのシンガーやアーティストをプロデュースし楽曲を提供し、「風立ちぬ」「冬のリヴィエラ」「熱き心に」といったヒットナンバーを生んだ。そして、「夢で逢えたら」というポップスのスタンダードナンバーは、数多くのカバーも耳馴染みとなった。

40年ほどの時を経てなお、リイシュー作品群への注目は熱い。

音楽へのこだわりはもとより、ラジオ・テレビの番組をはじめ、野球、相撲、古典芸能、映画のロケ地や苔など、様々な事柄で他人を唸らせるほどの深い造詣も、ファンや関係者ならずとも多くの人が知るところである。

このスペシャルプログラムのパーソナリティは、大滝詠一が生前「こうちゃん」と呼び親しんだTHE ALFEEの坂崎幸之助。そのパートナーには80年代から折りに触れて大滝詠一を追いかけてきたラジオパーソナリティの 上柳昌彦(ニッポン 放送『上柳昌彦 あさぼらけ』を担当)を迎え、“今、大滝詠一に思うこと”を語る。

また、メッセージ・ゲストとして、鈴木茂(「はっぴいえんど」ギター、ボーカル)、伊藤銀次(『Niagara Triangle Vol.1』)、太田裕美(「さらばシベリア鉄道」歌唱)、朝妻一郎(音楽プロデューサー、『A LONG VACATION』エグゼクティブ)らの貴重な声も交えつつ進行する。

 

番組概要

■番組タイトル:ニッポン放送『大滝詠一フォーエバー』
■放送日時:2019年12月30日(月)午前11時~お昼12時
■パーソナリティ:坂崎幸之助(THE ALFEE)
■パートナー:上柳昌彦『上柳昌彦 あさぼらけ』パーソナリティ)
■メッセージ・ゲスト:鈴木茂、伊藤銀次、太田裕美、朝妻一郎

◆この番組は、radikoのタイムフリー機能で、放送1週間後まで聴くことができる。
⇒ http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20191230110000


Page top