Kis-My-Ft2 がパーソナリティ! 24時間生放送スタート~ニッポン放送「第45回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」

By -  公開:  更新:

テーマは『With Your Smile』
~目の不自由な方へ音の出る信号機を~

目の不自由な方たちが安心して街を歩けるように「音の出る信号機」を設置するため、毎年12月24日の正午から25日の正午まで生放送でお送りするチャリティプログラム『ニッポン放送 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』。今年で45回目を迎える同番組のパーソナリティは2年連続でKis-My-Ft2の7人が担当する。生放送が始まる直前に記者会見したKis-My-Ft2のメンバーは24時間生放送に向けて、意気込みを語った。

【北山宏光】
2年連続で務めさせていただく感謝と、その大きな意味を自分たちなりに解釈して頑張りたいです。去年の感動を忘れずに今年もたくさんの方にたくさんの感動を与えていきたいと思います。「With your smile」ということで、去年よりも更にたくさんの笑顔を伝えていくのが僕たちの使命だと思っています。

【千賀健永】
2年連続ということで頑張っていきたいです。たくさんの人に募金の活動を協力してもらえればいいなと思います。キスマイ、最後まで走り切りますのでよろしくお願いします。

【宮田俊哉】
24時間の長丁場ですが、最後に笑って終われるような素敵なラジオになったらいいなと思っているので、応援よろしくお願いします。去年、朝4時5時くらいの時間帯にすごい疲れちゃってるのをスタッフさんに指摘されて、未だにいじられるので、今年はずっと笑顔で頑張りたいと思います。

【横尾渉】
「ONE TEAM」一丸となって、楽しく最後までやっていきたいと思います。よく噛んでしまうので、聞いてくれているリスナーの方が聞き取れるようにはっきりしゃべって、噛まないように(笑)、そして楽しくやっていきたいです。

【藤ヶ谷太輔】
去年よりも感動するようなミュージックソンになればいいなと思っています。チーム一丸となって24時間走り抜けたいです。

【玉森裕太】
2年連続でやらせていただくことはとても光栄に思いますし、7人で24時間をキスマイらしく楽しんで、素敵なミュージックソンになるように頑張りたいです。是非楽しんでいただけたらと思います。

【二階堂高嗣】
24時間、キスマイの7人で走り抜け、笑いあり涙あり感動ありのラジオにしたいです。去年に引き続き、音の出る信号機を1つでも多く設置できれば、と思っています。

同番組の今年のキャッチフレーズは「With your smile」。そのキャッチフレーズにちなみ、今年のスペシャル企画はKis-My-Ft2メンバー7人による朗読企画「Smile Story」をお届けする。メンバーそれぞれが主役になって、目の不自由な方にまつわるエピソードやミュージックソンの歴史などを紹介していく。

また、リスナーからも「With your smile」にちなんだメールを募集しており、寄せられたリスナーからのメッセージは、Kis-My-Ft2のメンバーが同番組を通じて伝えていく予定。

同番組には萩本欽一、ゆず、サンドウィッチマンなどゲストも登場。Kis-My-Ft2とトークを繰り広げながら、ともに募金への協力を呼び掛けていく。さらに、日付が変わった25日午前0時(24日24時)からは、Kis-My-Ft2のクリスマススペシャルライブもお届けする予定になっている。

 

『ニッポン放送 第45回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』は25日(水)正午までの生放送。2020年1月31日(金)まで募金を受け付けており、募金の方法など番組の詳しい情報は『ニッポン放送 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』の公式ホームページにて。  https://www.1242.com/musicmarathon2019/

尚、同番組はラジオでは、FM93.0 AM1242のほか、パソコン、スマホからはradikoで聴くことができる。

番組概要

■番組名:『目の不自由な方へ音の出る信号機を ニッポン放送「第45回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』
■キャッチフレーズ:With Your Smile
■放送日時:2019年12月24日(火)正午~翌25日(水)正午 (24時間生放送)
■パーソナリティ:Kis-My-Ft2
■番組メール:45@1242.com
■番組ハッシュタグ:#ミュージックソン
■予定ゲスト:24日(月) 萩本欽一、ゆず、わたなべちひろ、笑福亭鶴瓶、サンドウィッチマン

※生放送中の募金のご案内電話番号:0570‐08‐1242

※募金は2020年1月31日(金)までお受けしております。詳しい募金方法はHPをご参照ください。
https://www.1242.com/musicthon2019/

番組趣旨 ~『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』とは

「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」は、目の不自由な方が安心して街を歩けるように『音の出る信号機』を設置する基金を募るチャリティ・キャンペーンです。

昭和50年(1975年)からスタートした「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」は、毎年11月1日から翌年1月31日までの3ヶ月間に渡って展開されており、チャリティへの関心が高まるクリスマス・イブの12月24日正午から翌25日クリスマスの正午まで、ニッポン放送ゆかりの方をメインパーソナリティに迎えて24時間のチャリティ生放送を実施しています。

また、全国のラジオ局がその趣旨に賛同しており、北海道・STVラジオ、青森放送、IBC岩手放送、ラジオ福島、ラジオ大阪、和歌山放送、広島・中国放送、香川・西日本放送、福岡・九州朝日放送、ラジオ沖縄に、ニッポン放送を加えた全国11局のラジオ局が各局独自の「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」を放送しています。

これまでにお寄せ頂いた浄財は45億8,815万8,161円に上り、その全額が寄付され、これを基金に、3,183基の『音の出る信号機』を設置しました。しかし、『音の出る信号機』の老朽化と、それに伴う新たな信号機設置のため、設置個所はなかなか増えていません。また『声の図書』『立体コピー機』など多くの視覚障がい者用教育機器も贈って参りましたが近年は機器のデジタル化に伴い『デジタル立体コピー』や、お送りした『声の図書』の劣化により、それをCDなどのデジタルフォーマットに変換し、有効に利用し続けて頂くための『デジタル録音図書編集用パソコン』なども必要です。

つまり、目の不自由な方の安全を守るため、目の不自由な方の快適で知的な生活を保障するためには、まだまだ「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」による募金が必要な現状が続いています。

Page top