ももクロ・百田、佐々木が年女の2020年に「今年の幸先が不安……」

By -  公開:  更新:

1月5日(日)に放送された、ラジオ番組「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」(ニッポン放送・毎週22時~)に、ももいろクローバーZの百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れにの4人が出演した。

この日は、今年2020年最初の放送だったことから、冒頭は全員で「明けましておめでとうございます」とあいさつ。これに続け、1996年6月生まれで最年少メンバーの佐々木が、今年が年女であると報告した。

佐々木:年女です! ついに、あーちゃんの番が回ってきました!

百田:ネズミっぽいもんね。

佐々木:チュウチュウ!(笑)

百田:……なんだろうなぁ~。

佐々木:『ネズミっぽい』って、かわいいってこと? ちっちゃくて、すばしっこくて、かわいいねってこと?

百田:ネズミがあーりんの年っていうだけで、今年の幸先が不安じゃない?

高城:そう、そうなのよ。ネズミ年が決して悪いわけじゃないけど、ネズミ年があーりんだということが不安なのよね。

佐々木:もももクロに入ってきた時も、ネズミ年の年だったと思うよ。

高城:そうか、もう一回り経っちゃったんだねえ。

佐々木:(十二支物語)で、ネズミは牛の背中に乗っていたけど、みんなより早くスタートしようっていう気持ちはちゃんとあったんだよ。早めには出発しているからね。

百田:まあ確かにね。早めに準備をするもんね。

玉井:でも、ネズミは後半に楽をしていたわけだから……そういうところ、あるよね?(笑)

高城:ネズミが騙したから、猫が干支に入れなかったんだから。

玉井:よかったね、この中にウシ年の人がいたら、あーりんに使われそうじゃない? 『おい! 牛なんだから働けよ!』とか言って(笑)

百田・高城:確かに!(笑)

メンバーからは散々な言われようだったが、「ネズミ年はネズミのことが大好きだから」と主張した佐々木。

この後、玉井がネズミ年の特徴を調べ、「いつも穏やかで、ニコニコと笑顔を浮かべているので人から好かれやすい特徴があります。しかも愛嬌がよく、人付き合いがいいため、グループではマスコット的な存在です」と読み上げると、高城と百田が大笑い。玉井も「間違えて調べたかもしれない」と述べ、占いの結果と佐々木の性格で、いくつか異なる部分があったようだ。

Page top