テレ東・佐久間P、免許証の失効講習を受け「本当に教訓になった」

By -  公開:  更新:

1月8日(水)深夜、テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行がパーソナリティを務めるラジオ番組「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週水曜27時~)が放送。新年早々に運転免許証の失効講習を受け、そのエピソードを語った。

昨年末、年末年始特番や生放送、さらに運転免許証の更新通知ハガキが届かなかったこともあり、免許証をうっかり失効してしまったと明かした佐久間。年明け、すぐに運転免許センターに行くと、受付や視力検査で「年末特番、やりすぎなんじゃないですか?」、「年末特番、忙しかったんですか?」と声を掛けられ、恥ずかしい思いをしつつ、そのまま1時間の講習を受講。そこで学びがあったと語った。

「50席ぐらいあってそこの教室でぎゅうぎゅう詰めで講習を受けて、『教官』って呼ぶのが正しいのかわからないけど、白髪でガタイがいい怖そうな人が入って来た。で、俺の左隣だけパソコンとダウンジャケットが置いてあって、人はいなかったの。ちょっとしたら遅れて一人が入って来て、教官が怒りながら『ちょっと、何やっているんですか? 席、ありますか?』って。それでぎゅうぎゅう詰めなのに、さらにもう一席作って。

講習が始まったら、僕の左の空席のさらに左の隣の人が、仕事ができそうな30代のIT戦士みたいなサラリーマンがメールとかLINEのやり取りをしているの。仕事のやり取りをしている感じで。態度が悪いな、と思ったんだけど、まあ、月曜の朝8時で仕事始め、それで忙しいのも分かるけど、たった1時間の講習だからねえ。

で、そのまま普通に授業を聞いていたらカタカタカタと音がして見たら、僕の隣の空いていた席のパソコン、そのIT戦士の物だったのよ。さっき遅れた人が来て、みんな詰めて席を作った時、君も聞いてたじゃん? っていう。そのパソコンを片付ければいいだけだったのに。

しばらくしてパッと見たら、今度は寝ていて。で、そのパソコンが置いてある席を僕がガンッ! ってやったらパタッと起きて。……免許の講習は本当に大事だからね。人命がかかっているものだから、って見たら寝ていて。もう1回ガンッてやって、バタッと起きるみたいなのをやっていたら、教官がめちゃくちゃ僕をにらんでいて(笑)。違う違う! と思ったんだけど、その寝ているIT戦士の前に、180センチ越えの長身の男性がいて、彼が隠れていて。僕がバタバタはしゃいでいるみたいになって、教官がギンギンににらんでいる。

しょうがないからさ、小声で『ちーがーう! ひーだーり!!』みたいな、ちゃんと隣を指さしたんだけど、教官は完全に怒った感じで近づいて来た。でもその途中ぐらいで気付いたようで、IT戦士の机をバーンって叩いて『命、かかってんだぞ! 寝るなら出ていけ!』って言って。教官、ツカツカツカッて戻った瞬間にバッと振り向いて『もしかしてそのパソコン、お前のだろーっ!』って(笑)。『そこに置いてあるから1人、座れなかったんじゃないの? なんで?」って聞いたら、彼が『ダウンロードが必要で……』とか言って、もう教官は怒って『はあ?』って。で、教官がまた授業を始めたんだけど……。

そのIT戦士はプライドが高いのか『オレ、別にヘコんでませんけど?』みたいな感じでちっちゃいあくびをしたり、スマホをちらっと見たり、バレないようにパソコンを触ったり。高校の時、漫画を授業中に読んでいたら、僕だけめちゃくちゃ怒られて、漫画をビリビリに破り捨てられたことがあるんだよね。みんなの前でね。その時、IT戦士みたいな“俺はぜんぜん傷ついてませんけど?”って態度をしたなって思い出して。イキっている友達を諌める気持ちで見ていた」

講習でやる気のない態度をとり続けたサラリーマンを見て、改心を求めつつ、学生時代の自分も思い出したという佐久間。結局その男性は再講習が言い渡されたそうで、「今年の目標ができた。イキらない、っていう。新年早々、本当に教訓になった」と、交通ルール以外の面でも考えさせられた授業であったと語った。

番組情報

佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)

毎週水曜 深夜 3:00 - 4:30

番組HP

テレビ東京のプロデューサー佐久間宣行が、ニッポン放送の「オールナイトニッポン0(ZERO)」に挑戦! 会社員のテレビマン、44歳で既婚者、中1の娘がいる普通のおじさんが、一生懸命しゃべります。最年長パーソナリティがお送りする「テレビ東京×ニッポン放送・メディアミックス ラジオ番組」です!

Page top