潮田玲子も興味津々? 下ネタギャグドラマほか いま注目のネットドラマ ベスト3

By -  公開:  更新:

ライターでドラマウォッチャーの大山くまおが1月11日、ニッポン放送「潮田玲子 LOVE&MELODY」に出演、「いま注目のネットドラマ」を解説した。

「Netflix (ネットフリックス)」「Hulu(フールー)」「Amazonプライム・ビデオ」などの動画配信サービスでしか観られないネットドラマが人気だが、その中で大山のおススメ作品はこの3つ。

『ザ・クラウン』

「エリザベス女王の半生を描いたドラマ。イギリスの王室の方が実名で出てきます。王室のスキャンダルを歴史と絡めながら描きます」

英国君主、エリザベス2世。政界実力者との確執、王室のロマンス、そして20世紀後半を彩る歴史的事件の影で葛藤する、生身の女王の姿を重厚に描いた大作ドラマ。

ザ・クラウン | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

『フリーバッグ』

アラサー女性を主人公にした、下ネタもありのドラマ……家族と一緒に見ちゃダメ!?

「主人公を演じるフィービー・ウォーラー=ブリッジが制作、脚本を担当。イギリスでは、ドラマに登場するアイテムが爆発的に売れるほどの大人気。フィービーは天才との呼び声も高く、『007』の新作の脚本にも携わっています」

皮肉屋で性欲は強め、怒りに駆られ悲嘆に暮れる。「フリーバッグ」は、現代のロンドンを生きる1人の女性の心理を描き出す、抱腹絶倒かつ辛辣なドラマである。脚本・主演は劇作家でもあるフィービー・ウォーラー=ブリッジ。差し伸べられる救いの手をことごとく拒絶し、常に虚勢を張りながらも、癒しを求めるタブー知らずの女性フリーバッグを演じる。


Amazon.co.jp: Fleabag フリーバッグ シーズン1 (字幕版)を観る | Prime Video

『チェルノブイリ』

「チェルノブイリの原発事故を真正面から描いた作品」

2019年(第71回)エミー賞で脚本賞/撮影賞/美術賞/監督賞/シングルカメラ編集賞/オリジナル楽曲賞/作品賞/音響効果賞/録音賞/サポート視覚効果賞、計10の賞を獲得、さらに第77回ゴールデン・グローブ賞も決定している。

1986年4月26日未明、チェルノブイリ原子力発電所で爆発が起こる。未曾有の原発事故の発生に冷戦下の旧ソビエト政府が事態を隠ぺいしようとする中、被害の拡大を少しでも抑えようと必死に戦った英雄たちがいた――。あのとき現場で何が起きていたのか!?


チェルノブイリ公式サイト | 映画・海外ドラマのスターチャンネル[BS10]

この中でも、ネットドラマ好きの潮田が興味津々なのは、“下ネタギャグドラマ”こと「フリーバッグ」であった。

番組情報

LOVE & MELODY

毎週土曜日 8:30~10:50

番組HP

あなたのリクエスト曲にお応えする2時間20分の生放送!
今、聴きたい曲を書いて送ってくださいね。

Page top