声優・‪小林愛香‬、アーティストデビューシングルは「2020年について考えた」‬‬‬

By -  公開:  更新:

2月6日(木)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月−木24時~)に、メジャーデビューシングル『NO LIFE CODE』を2月26日(水)にリリースする声優の‪小林愛香‬‪が出演し、‬デビュー曲への想いを語った。

‬‬‬‬‬‬‬

アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』から生まれた派生ユニットAqours(アクア)の津島善子役などで、アニメの中のキャラクターとして音楽活動はしていた小林。今回はアーティスト・小林愛香として、ソロメジャーデビューするということで、プロデューサーの田代智一と何度もミーティングを重ねたという。

吉田尚記アナウンサー:小林さんのデビューシングル曲『NO LIFE CODE』ですが、作・編曲を(音楽プロデュース・チームの)Q-MHz(キュー・メガヘルツ)が担当してるんですよね

小林:そうなんです……!

吉田:しかも『ハレ晴レユカイ』とかを作った田代智一さんが、ごりごりにプロデュースしているわけですよ

小林:めちゃくちゃミーティング重ねましたね

吉田:田代さんってめちゃくちゃ優しいじゃないですか。どんな話をしたんですか?

小林:‪小林愛香‬がこれからアーティスト活動をするにあたっての軸であったり‥‥、そこから2020年はどういう時代になっていくかっていう話にまでなりましたね(笑)。2020年を代表するアーティストになってほしいということで、2020年について考えて話し合いをしましたね‬‬‬

吉田:どういう結論になったんですか?

小林:具体的に答えは出てないんですけど、きっと色んなことのボーダーがなくなって、自由な世界になっていくんじゃないかっていう結論になりました。その結論がこの『NO LIFE CODE』に全部詰まってると思います!

また、この『NO LIFE CODE』を初解禁した際に、ハッシュタグ“#のーらいふこーど”が日本のTwitterトレンド2位、世界で30位になったことも話題となったが、それについて小林は「朝の4時頃の解禁だったので、みんなが起きていてくれて本当に嬉しかった」と、そのときの心境を振り返った。

2月17日(月)〜2月20日(木)『‪ミューコミプラス‬』では、リスナーからのアイデアを元に5分間のアイドル番組を作成し対決する特別企画『‪まだ存在しないアイドル番組‬決定戦!』を開催。初日の2月17日(月)は、ZOC(ゾック)の香椎かてぃと寺嶋由芙、18日(火)は、GANG PARADEのユイ・ガ・ドクソン‬とB.O.L.Tの‪内藤るな、19日(水)は、アップアップガールズ(2)の‪鍛治島彩と‪フィロソフィーのダンス‬の十束おとは、20日(木)は、‪たこやきレインボーの根岸可蓮と‬‪吉川友‬、というラインナップで対決をしていく。‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬

番組情報

ミューコミプラス

毎週月曜〜木曜 24:00 - 24:58

番組HP

音楽、漫画、アニメなどのポップカルチャーをいち早くお届けするラジオ!「ミューコミプラス」

Page top