霜降り明星、“お笑い第7世代”と括られる風潮に「嫌やって言ってる、みんな」

By -  公開:  更新:

2月28日(金)深夜、お笑いコンビ・霜降り明星の粗品とせいやがパーソナリティを務めるラジオ番組「霜降り明星のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週金曜27時~)が放送。最近の若手芸人の総称であり、せいやが提唱者とされる“お笑い第7世代”について、心境を語った。

先日の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で、「僕らビミョーな6.5世代」という企画が実施されたのを受け、「ラジオやから言わせて」と“お笑い第7世代”について触れたせいや。
「第7世代は得をしてるのか? っていう話になってくる」と切り出し、心境を語った。

せいや:マジで、『第7世代』って自分で言っている芸人はいないんですよ。

粗品:ああ~実はね。

せいや:本当に、周りから言われているだけ。僕は特に、言い出しっぺって言われてるでしょ?

粗品:なってますよ。

せいや:これは再三、言ってますけど、大事なことだからもう一回言います。僕は、お笑い第7世代とは一言も言ってないです。第7世代みたいなのがあって、僕らみたいにM-1を取って、キングオブコントを取った人が20代だと。だから、アスリートやユーチューバーとか、いろんな20代の人と、ポケモンとか、僕らだけでわかる話ができたら面白いなっていうのが、きっかけね。

粗品:はい。

せいや:お笑い第7世代とは一回も言ってない。お笑いで区切りだしたら、めちゃくちゃになるって、俺はその時にわかっているわけですよ。ドリフとかクレージーキャッツとか、俺は好きだからわかる。

粗品:それは、いわゆる第1世代ですか?

せいや:やめろ、それ!

粗品:ははははは(笑)

せいや:これはでも、本当に怒っている人に誤解を解きたい。

粗品:確かに、色んな意見を見ましたよ。『せいやって奴が言い出して、6.5世代が可哀そう』みたいな。

せいや:違うねん! 俺は『お笑い第7世代』とは一言も言ってない。『第7世代』とは言ったけど、それは第1から数えて、ちゃんと計算した第7ではない。

粗品:はいはい。

せいや:たまたま俺が、『NARUTO-ナルト-』に登場するキャラクター“7代目・火影”が好きだったとか、7っていう数字が気持ち良かったから。響きが。だから、第7世代って言って。そうしたら、お笑い第7世代ってなっていた。気が付いたら。僕はまず、お笑いで区切ってないです。

粗品:いやでも、なんか……。

せいや:マジマジマジ! これは、本当に危ないところよ。今日で(この話題は)終わろうとしているから。

粗品:ははははは(笑)

せいや:テレビや雑誌がお笑い第7世代を盛り上げるあまり、これ危険よ。よく言われる、『第7世代のブームが終わったら、終わるんじゃないか』と。

粗品:確かにね。

せいや:俺ら、第7世代のブームなんか思ってないですよね。宮下草薙、四千頭身とかみんな。第7が嫌やって言ってる、みんな。

粗品:まあな。

せいや:だから、どこかで“第7世代・被害者の会”みたいな企画をやらないといけない。反旗を翻そう! 6.5世代の人より、第7世代と言われている方が被害者なんだから! マジで!

粗品:6.5世代が『第7世代のせいで』みたいな風潮は、確かにちょっとズルいかなと僕も思う。

せいや:まあまあ、そこまでは言ってないけど。

粗品:え!?違うの?(笑)。穏便に穏便に?

せいや:俺は言い出しっぺをやめたいだけ。

粗品:なんやねん!(笑)

せいや:もうね、世代とか関係ないんですよ。(俺が)一番アンチ第7世代かもしれない、逆に。

粗品:ははははは(笑)。お前が? 深いな~。

せいや:色んな、ゴチャゴチャに巻き込まれているから。先輩から、『なんで言い出したんや』みたいな。俺が一番憎んでいるかもしれない。第7世代を。

粗品:なるほど、『なんで、こんなのを生んでしまったんだ』と?

せいや:そう! だから、第7世代を早く潰さないといけないし、早く抜け出す為に頑張らないといけない。

粗品:それは熱いですね、熱い熱い。

せいや:でも第7世代の仕事を断るというのは、また違うけどね。それは拗ねているだけみたいになるから。

その後、粗品が「僕らはM-1を優勝しての1年間だったけど、第7世代で一括りにされて、(TVに)よく出ている印象を持たれるのは、ちょっと悔しいと思う」と語ると、せいやは「“第7世代はこうや”と括られだしてから、おかしくなったな」と回想。続けて粗品が「正直言うと、第7世代の皆が思ってますけど、先輩と仕事したいしな」とコメントすると、せいやは「そうやねん!」と同調するなど、心境を語った。

番組情報

霜降り明星のオールナイトニッポン0(ZERO)

毎週金曜 深夜 3:00 - 5:00

番組HP

アグネス・チャンが好きなせいやと実家が焼肉屋さんの粗品。仲良しコンビ「霜降り明星」がビッグシティ東京で感じた事を語り、紡ぎ、一本の糸にし、それでセーターを編んでいくぽかぽかラジオ!

Page top