前島花音アナが徹底インタビュー! 横浜のIT企業「アイネット」ってどんな会社?

By -  公開:  更新:

今もなお、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響で、今年は就職活動中の方々にとって企業を知る重要なイベントの一つである企業説明会が相次いで中止になってしまいました。

そんな状況の中でも就職活動中の方々が気になる“企業のリアル”を知ってもらうべく、ニッポン放送の前島花音アナウンサーが実際にその企業で働く方々にインタビューを行う「サウンド企業説明会」。

ニッポン放送 Nippon Broadcasting System · 【サウンド企業説明会】第1回 株式会社アイネット

記念すべき第1回目は、横浜みなとみらいに本社を構える、独立系IT企業「株式会社アイネット」の社員の方々をお招きしました。ここからは、放送の内容を一部抜粋し、写真と共に収録中の雰囲気をお届けしていきます。

左から株式会社アイネット 高野博司さん、前島花音アナウンサー、浅野真帆さん、鎌田桜花さん

「株式会社アイネット」は幅広い業界にITサービスを展開する独立系IT企業

前島アナウンサー:まずは、株式会社アイネットがどんな会社なのか教えてください。

浅野さん(以下、敬称略):「株式会社アイネット」は、横浜みなとみらいに本社を構える、独立系IT企業です。ガソリンスタンドの受託計算や情報処理のビジネスから創業し、現在は幅広い業界のお客様にITサービスを展開しており、今年なんと50年目を迎えます!現在は、AI(人工知能)を使った解析システムの提供やIoTのビジネス、さらに最新のビジネスとして2016年からはドローン事業にも参入しています。

株式会社アイネット 人事部の高野博司さん

最適なITサービスをワンストップで提供

前島:ドローンを始め、ホームページを拝見すると本当に幅広いジャンルの企業の方々と関わりがあることが分かるんですが、他のことについても詳しく教えて頂けますか?

高野さん(以下、敬称略):当社は、データセンターを軸に、様々な業種・業態のお客様のシステムの企画・設計から開発・運用を行っています。さらには帳票などをシステムからアウトプットし、印刷・発送を行うプリント・メーリングといったBPO業務まで、お客様に最適なITサービスをワンストップで提供しています。

株式会社アイネット 人事部・2019年入社の鎌田桜花さん

「株式会社アイネット」は文理不問!過去には美大出身者も

前島:IT企業というと、私のイメージではその分野に詳しい方じゃないと勤めるのは難しいのかなと思ってしまうんですが、実際はどうなんでしょうか?

鎌田さん(以下、敬称略):実際にそういった質問を企業説明会などで学生の皆様からも多く頂くのですが、弊社では文理不問で全学部・全学科対象で採用を行っています。

前島:では、特に詳しくなくてはいけないということもないんですね?

鎌田:はい。過去には美術大学卒業の先輩だったり、理系でもプログラミングなどではなくて、生物について学んでいた方など幅広い学部・学科で採用を行っています。

入社前にやっておくべきことは「ITパスポート試験」の合格

前島:実際の企業説明会で就活生の皆さんからどんなことをよく質問されますか?

浅野:多い質問は「入社前にやっておくべきことはありますか?」という質問が多いですね。弊社の場合は、7割くらいが未経験者の年もあるくらいですので、入社前にプログラミングができないといけないということは全くないです。入社後の研修へ、同期でのスタートラインをそろえてスムーズに取り組んでもらう為、「ITパスポート試験」というITの入門編である国家資格の試験に合格してもらうことはお願いしています。

今年入社したばかりの新入社員4名もオンラインで収録に参加

新入社員がアイネットに入社した理由とは?

今回の収録は、人事部の郡司晶香さんと新入社員の中村彰裕さん、小澤千聡さん、橋口誠也さん、野尻葵さんもオンラインで参加。今年、入社したばかりの新入社員4名に「株式会社アイネット」に入社した理由をお訊きしました。

中村彰裕さん:私が入社を決めた理由としては、私も文系出身で入社後のイメージが湧かなかったんですけど、面接の控室での研修のときの映像や事業紹介の資料、部活動やイベントなど様々な会社の情報を知ることができて、入社した後の自分の姿をイメージすることができたので、入社を決めました。

小澤千聡さん:私は新人研修の手厚さで入社を決めました。アイネットでは入社後の6か月で研修を長くしっかりやってくれるんですけど、私は文系の出身でプログラミングに一切触ったことがなく、「プログラミング、何それー?」ってところから始まってもしっかりフォローしてくれるというところに魅力を感じたのが一番の理由です。

橋口誠也さん:私は説明会から採用までのスパンが短いところがとても良いと思いました。他社の場合、2~3か月掛かるところもあり、時間が取られてしまうため、スピーディな選考がとても良いなと感じました。

野尻葵さん:私がアイネットに入社を決めた理由は、ITの会社なんですけど男性と女性の採用比率に大きな差ないところに安心感を持って入社を決めました。

株式会社アイネットの人事部の浅野真帆さん

新入社員研修にとても力を入れている

前島:「アイネット」は新入社員研修にとても力を入れているんですよね?

浅野:そうなんです。過去の実績では、入社後6か月間も新人研修期間があり、その後に配属となるんですが、その後も先輩が一人に一名ついてくれるマスター制度というものがあります。さらに4年目までは年に一回、フォローアップの研修もありますので、総合して考えると4年目までは若手の研修がすごく充実しています。

前島:他にも基礎的なものや知識を養う研修もあるんですか?

浅野:IT企業なのでもちろんITやプログラミングを勉強する研修がしっかりあるんですが、それ以外にも営業研修とか女性研修というものがありまして、メイクアップの研修があったりします。

鎌田:(実際に受けてみて)第一印象で好印象に見えるメイクの仕方を教えてもらいました。今まで自分でしてきたメイクは独学で雑誌を見ながら、より目が大きくなるメイクの仕方などしかやってきていなかったので、働く女性としてのメイクを教えてもらえたのは凄く貴重な経験でした。

宿泊研修では自衛隊の生活を体験した年も!

前島:他にも珍しい研修もあったりするんですよね?

浅野:あとは宿泊研修というものがありまして、年によっては自衛隊の生活を二泊三日で体験するような研修があったり、バーベキューも研修でやったりしまして、社員同士で仲良くなるとかバーベキューの準備をする中で企画力を養うような、色々な面白い研修もあります。

宿泊研修での自衛隊の生活体験や100人規模で行ったバーベキュー研修などの気になる内容やエピソードについては是非、SoundCloud(第二部に収録)でお聴きください。

人事部・郡司晶香さんと新入社員の皆さん

今年は60人規模のリモート飲み会を実施!

前島:今年は“バーベキュー研修”が延期となってしまったということで、代わりに違う研修をされたんですよね?

中村:今年は60名以上の同期全員で行うオンライン飲み会を企画・実施しました。60名以上の同期全員でオンラインで乾杯をして、その後、グループごとに分かれて自己紹介や質問ルーレットをして、お互いのことを知ることができました。

前島:実際に実施する上で大変だったことや実施してみて良かったなということはありますか?

野尻:企画にあたり、初めは不安でいっぱいだったんですけど、一回しか会っていない同期とオンラインという形でどうやったら楽しんでもらえるかということを係でリモートの打ち合わせを何度も行いました。その打ち合わせのおかげもあって、無事に成功し、「またやりたい!」という声もたくさん頂けたので、凄く良い経験が出来たなと思っています。

人間関係の良さや若手の頃から経験を積める環境が魅力の一つ

前島:アイネットに入って良かったなと思うことを教えてください。

鎌田:良かったなと思うことは同期同士の仲が良くて、上下の関係も凄く風通しの良いこと。あとは、若手の頃から色んな経験をさせてもらえるということがアイネットの良いところだと思います。

その他にも女性が長く働ける環境作りにも力を入れているアイネットでは、産休育休後の職場復帰率は驚異の100パーセントを達成しており、様々な認証も受けています。

左から前島花音アナウンサー、株式会社アイネット 高野博司さん、浅野真帆さん、鎌田桜花さん

株式会社アイネットの魅力をお伝えした第一回「サウンド企業説明会」。この他にも実際に働く社員の声と共にアイネットの魅力を知ることのできるインタビューは、ぜひSoundCloudでお聴きください。

また、さらに詳しく「株式会社アイネット」について知りたい方は、アイネットのホームページや、1~9年目・300名のアイネットの先輩社員たちのインタビューが掲載されているマイナビもご覧ください。

Page top