NGT48荻野由佳 「みんな無言になるくらい」 速報1位になった総選挙を回顧

By -  公開:  更新:

NGT48の荻野由佳が、過去に速報1位に輝いたAKB48選抜総選挙について語った。

無観客で行われた東京ガールズコレクション2020S/Sのランウェイを歩くNGT48の荻野由佳さん(東京都渋谷区の代々木体育館) 2020年2月29日 写真提供:時事通信社

7月22日に約1年9カ月ぶりのニューシングル「シャーベットピンク」を発売したNGT48。28日にニッポン放送「東貴博と山根千佳のラジオビバリー昼ズ」に出演した荻野は、リモート越しに同曲の振り付けを披露し、これまでの活動を振り返った。

さらに荻野は、2017年から2年連続で選挙速報1位に立った「AKB48シングル選抜総選挙」についても回顧。最終結果では2017年に5位、翌年には4位にランクインした当時の心境を明かした。

荻野:速報のときはビックリしました。

東:ちょっと衝撃的だったよね。

山根:最初、みんなが「誰誰?」ってなって、そこからの注目度が本当にすごかったですよね。

東:あの時は「私の時代がきたか」と?

荻野:そんなことはないですけども! でもあんまりステージの時の記憶がないです。ビックリしすぎて。

東:前はテレビで総選挙の中継をやってたじゃない。あれは、メンバーからしたらすごい緊張感なんでしょ?

荻野:もう緊張感どころじゃないです。本番前は、みんな無言になるくらいでした。

東:ああ、そう? あんなにいても。ステージで呼ばれた時には、みんなコメントをあらかじめ考えとくの?

荻野:考えてはいるんですけど、やっぱりステージに立つと緊張しすぎて全部飛んじゃいます。結局考えたことは2個3個くらいしか言えないっていう感じでした。

東:だけどみんな立派な挨拶するよね。だからどんどん緊張するんじゃないかって。上位になればなるほど言うこともなくなってくるわけじゃない。

荻野:そうなんです。周りの先輩方も見ている中でなので、それが一番緊張しましたね。

AKB48選抜総選挙をきっかけにホリプロに所属し、「そこから大きく変わりました」と語っていた荻野。

山根千佳 東貴博

同じくホリプロ所属の山根とは大親友の仲だそうで、番組で出題された2人の思い出にまつわるクイズにも全問正解していた。

番組情報

高田文夫のラジオビバリー昼ズ

FM93/AM1242ニッポン放送 月~金 11:30~13:00

番組HP

高田文夫先生と、キャラクターの濃~いパーソナリティがお送りする「昼休みのお笑いバラエティー」ラジオビバリー昼ズ!


Page top