櫻坂46・尾関梨香「どっかの窓が開いてるんじゃないかって」 潜るように家に入った経験を明かす

By -  公開:  更新:

12月27日(日)深夜、アイドルグループ・櫻坂46の尾関梨香がメインパーソナリティを務めるラジオ番組「櫻坂46 こちら有楽町星空放送局」(ニッポン放送・毎週日曜23時30分~)が放送され、尾関がメンバーの上村莉菜とともに、過去にムチャをしたエピソードを明かした。

毎回、櫻坂46メンバーの1人をパートナーに迎えてトークしているこの番組だが、今回は上村莉菜が登場。2人で『ぼくワタシの「手トンカチ」エピソード』の企画を行った。

この企画は、手にタオルを巻きつけたものをトンカチとし、それで収納棚を組み立てたことがあるというエピソードを持つ上村のような「ムチャ」「豪快」「マジかそれ!」といったエピソードを紹介していくというもの。リスナーの話を受けて2人が過去に経験した話も語られたが、その中で尾関の、小学生時代のおてんばエピソードが話題となった。

尾関:私、(自宅に)窓から入ったことがある。家の鍵を忘れて、窓から入った

上村:え~!

尾関:大体さ、「家の鍵忘れました」「家に誰もいません」ってなったらさ、どっかの窓が開いてるんじゃないかってなってさ

上村:あ~

尾関:(開いていそうな窓を)全部探して、たまたま開いてて。(空調の)室外機の上に乗って、そこから潜るように入ったことある

上村:すごいね。さすがに(私は)ないな~それは

尾関:ちょっとおてんばでした

上村:おてんばだね~

尾関の幼少期のおてんばエピソードに、驚きの様子を見せた上村。また上村も、過去にムチャをしたエピソードとして、グループ加入初期の頃、遅刻しそうになり急いでいたところ思い切り転び、足が血だらけになった状態で現場入りしたことを明かした。「その場で(足を)確認しなかったの!?」と驚く尾関に、上村は「(履いていた)ズボンが大丈夫だったから、足も大丈夫かなと思って……」と説明していた。

番組情報

櫻坂46 こちら有楽町星空放送局

毎週日曜日 23:00-23:30

番組HP

まだなんの色にも染まっていない櫻坂46が未来に向かって枝葉を伸ばす30分番組「櫻坂46こち星」。メインパーソナリティは井上梨名 。週替わりで櫻坂メンバーが登場します。

Page top