Creepy Nuts「本当に夢みたいな話」ベテランから新世代までが集結した音楽イベントを振り返る

By -  公開:  更新:

4月27日(火)深夜、ラッパー・R-指定とターンテーブリスト・DJ松永による音楽ユニット・Creepy Nutsがパーソナリティを務めるラジオ番組「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週火曜27時~28時30分)が放送。24日(土)、東京・日比谷野外音楽堂で行われた番組イベント『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0 presents 日本語ラップ紹介ライブ in日比谷野音』について振り返った。

同イベントには、ホストのCreepy Nutsのほか、2人が敬愛するRHYMESTER、般若、そして、最近注目しているというヒップホップクルー・LibeRty Doggsが出演。自分達のルーツである先輩ヒップホッパーから新世代までを集結でき、夢のようなステージだったと、熱く語った。

R-指定:土曜日に、日比谷野外音楽堂で開催させていただきましたね。

DJ松永:俺らはシンプルにヒップホップが好きで、好きな曲があって、みんなに聴いてほしいっていう気持ちがあるわけじゃないですか。

R-指定:うん。

DJ松永:学生時代とかさ、ヒップホップが好きなやつなんか周りにいなかったから。

R-指定:そうそう。

DJ松永:1人で感動して、この感動を誰かに伝えたい、みたいな感じで人に聴かせて。あと、DJなんてそういうものだからね。

R-指定:そう、DJってね。

DJ松永:DJって、みんなが好きな曲をかけて、踊らせるのもそうだけど、“みんなに聴いてほしい曲”をかけることもあるから。そういう、個人的な欲求からさ、そのご本人に会場に来てもらって、ライブをしてもらって!

R-指定:俺たちが聴かせたい、見てほしいアーティストの曲を流すだけじゃなくてね。

DJ松永:本当に夢みたいな話で。そしてスタッフの方が大勢動いてくださって、日比谷野外音楽堂、聖地じゃないですか。

R-指定:そう。日比谷野外音楽堂は「さんピンCAMP」(1996年)っていう、おそらく日本のヒップホップ史上で初の、最大級のイベントが行われて。そんな所で、俺たちもそういうイベントができるという。

DJ松永:そう!

R-指定:で、現役でその“さんピン”を体感したRHYMESTERを呼べた。そして日々、お世話になっている般若さん。さらに、俺たちより年下の世代で、めちゃくちゃかっこいいアーティストのLibeRty Doggsを呼べるっていう。

DJ松永:LibeRty Doggs、ライブもかっこよかったしね~。

R-指定:めっちゃかっこよかった! 熱量もすさまじかった。なんていうか、全員の弾けるような熱量を、あの野音で。久しく、そういう光景って見られなかったじゃないですか?

DJ松永:確かに。

R-指定:ちゃんとお客さんがいる状況で、バイブスもマックスの状態で、クルーでライブするって。

DJ松永:ヒップホップのクルーがバリバリにカマしているのって、俺も最近、見てなかったなと思って。ビートも超ギャングで。

R-指定:しかも真っ昼間に、“国家の中枢”みたいな場所で!

DJ松永:3曲とも、なんか、すごいこと言ってたよね(笑)

R-指定:やっぱりそれが、ヒップホップの痛快なところ。さんピンCAMPもそうだったけど、ヤンチャで型破りなやつらが、日比谷という場所で型破りな音楽を流すという。それがなんか、胸のすくような思いというか。LibeRty Doggsのライブは、それを感じましたね。警視庁がすぐそこにあるのに……(笑)

この後も、般若との舞台裏でのエピソードや、RHYMESTERに一曲目の『Future Is Born』でカマされ、R-指定が『ONCE AGAIN feat. Creepy Nuts』でカマし返したこと、DJ松永が改めてRHYMESTERへの並々ならぬ愛を語るなど、時間の限り、各アーティストとの思い出を振り返った。

番組情報

Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)

毎週火曜日 深夜3:00-4:30

番組HP

火曜日のオールナイトニッポン0(ZERO)は、1MC・1DJユニット「Creepy Nuts」が担当!MCバトル日本一3連覇のラッパー”R-指定”とDJバトル世界一の超絶プレイターンテーブリスト”DJ松永”の二人によるHIP-HOPラジオ!


Page top